Roger テクノロジーの進化から生まれた新しいコミュニケーションツール、ロジャー。

フォナックの「FMシステム」が「Roger(ロジャー)」へ進化。
デジタルワイヤレスによる次世代補聴援助システムの誕生です。

なぜ、「補聴援助システム」が必要?

補聴器援助システムは、マイクロホン付きの送信機から、話し手の声を補聴器/人工内耳に取り付けた受信機へ送り、聞き取りを改善するシステムです。 補聴器が周囲の騒音を拾ってしまう騒がしい場所や、反響の多い場所、話し手との距離が離れている場所で役立ちます。

話し手と聞き手の距離があるほど周囲の騒音や反響音などの影響により声が聞きづらくなる。Roger(ロジャー)を使用することで話し手から離れていても声がよりはっきり聞こえる。

デジタルワイヤレスで、誰もが簡単に使えるシステムへ。

従来のFMシステムは、送信機と受信機を同じチャンネルに設定する必要がありました。Roger(ロジャー)の場合、チャンネル設定は不要。ボタンひとつでワイヤレスマイクと受信機、スピーカーが同じネットワークにつながります。

FMシステム:送信機と受信機は一組ごとに同じチャンネルに設定。Roger:ボタンを押すだけで受信機をネットワークに追加できる。

3つのポイント

1.言葉の明瞭度が最大54%(※)アップしました。

デジタル無線方式だから、Roger(ロジャー)は音声がさらにクリアに。 教室をはじめ、騒がしい場所で、その差をはっきりと実感できます。聞き取りの性能は、臨床の結果からも明らかになりました。「語音明瞭度」をみると、2世代前のマルチ・チャンネルFMと比較して、最大54%向上、Dynamic FMと比較しても最大35%向上(※)しています。
※ Comparison of speech recognition with adaptive digital and FM wireless technology by listeners who use hearing aids - Professor Linda Thibodeau, PhD

生徒のメリット
●騒音下での聞き取り向上 ●授業への関心、参加度が高まる
2.ワイヤレスマイク、受信機、スピーカー。すべてが、ボタンひとつでつながります。

学校で毎日使うものだから、
生徒にも先生にとっても、使いやすさはとても大切。
だからRoger(ロジャー)はシステム設定の簡単さにもこだわりました。
先生が持つワイヤレスマイクのボタンをワンクリックすれば、 近くの生徒の受信機、スピーカーとつながります。

先生のメリット
●ボタンひとつで簡単につながるので、操作に手間取らず、授業に専念できる
3.音声が混信しない。面倒なチャンネル管理が不要です。

FMシステムは、学校側が教室ごとにあらかじめチャンネルの振り分けを行う必要がありました。Roger(ロジャー)なら、そうしたチャンネル管理の手間が不要。また、異なるワイヤレスマイクからの音声が混信しないので、同じ教室内でグループ分けしても授業を進めるなど、授業の自由度や利用シーンも大きく広がります。

学校のメリット
●二人の先生がそれぞれにマイクを使って授業を行うなど、授業の多様化により教育の質を向上 
●管理の手間を省き、クラス運営の質を向上

RogerとFMシステムは、一緒に使えますか?

Roger(ロジャー)のワイヤレスマイクロホン(Roger インスパイロ、Roger ダイナマイク)は、Roger受信機にも、FM受信機にもそれぞれの電波を送れるハイブリッドタイプマイクロホンです。 聞き手側に、RogerとFMシステムが混在しても問題ありません。

フォナック バート V
フォナック オーデオ V
フォナック ボレロ V