「聞こえ」の自己診断

「聞こえ」具合をチェック

ご自分の「聞こえ」に不安がある方へ。聞こえ具合の変化は徐々に進むことが多いため、聞こえにくさに慣れ、変化に気づかないことが多くあります。ご家族や周囲の方と相談しながら、聴力レベル(目安)を調べてみましょう。補聴器選びの第一歩です。

Q 会話中に相手の話を聞き返すことがある。

Q 小声やささやき声が聞き取りにくい。

Q テレビやラジオの音量が大きい、と 家族によく指摘される。

Q 会話が聞き取れず、 あいまいに相づちを打つことがある。

Q 自分の後ろでの会話に気づかないことがある。

Q 会話の中で相手の声がよく聞き取れない。

Q 病院や銀行などで名前を呼ばれても、気づかないときがある。

Q 大声での会話や、耳もとで話してもらわないと聞き取れない。

Q 正面から大声で話しかけられても聞こえないときがある。

Q 目の前の電話の呼び出し音が聞こえないときがある。

「正常」ほとんど聞こえる
補聴器は必要ありません。
「軽:軽度難聴」聞き返しが多い
普通の生活で聞き間違えによるトラブルや仕事に支障がある方は、補聴器の使用を検討されてみてはいかがでしょうか?
「中:中等度難聴」大きめの声でなければ聞こえない
聞こえが気になりコミュニケーションが上手くいかないと、精神的にストレスが溜まり、ご家族にも負担がかかります。
「高:高度難聴」耳元で大きな超えで話さないと聞こえない
日常生活で聞き取ることが困難な状況になり、周囲の人たちと疎遠になってしまう前に、補聴器の使用をおすすめします。
「重:重度難聴」耳もとでの大声も理解できない時がある
著しく生活に支障をきたすおそれがあります。
早急な補聴器の使用をおすすめします。

・聴力レベルの推定と補聴器の必要性のコメントはあくまでも目安です。

・聴力レベルは、一般社団法人 日本補聴器工業会が定める「適応聴力範囲」に基づいて記載してあります。

・補聴器を装用することで、難聴が進行することはありません。

・自己チェックだけでなく、詳しくは補聴器取扱店もしくは耳鼻科の専門医にご相談ください。

耳の仕組み

耳は、外耳・中耳・内耳からなります。外耳から入った音は、鼓膜に達し、耳小骨(ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨)を通して、蝸牛に伝達されます。蝸牛内部には有毛細胞が音の刺激を受け、聴神経から脳に電気信号を送ります。耳の各器官がそれぞれの役割を果たすことで、音を聞き取ることができます。

  • 耳介
  • 耳小骨(ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨)
  • 聴神経
  • 外耳道
  • 鼓膜
  • 蝸牛
  • 外耳
  • 中耳
  • 内耳
  • 伝音難聴
  • 感音難聴
  • 混合性難聴

難聴の種類

難聴になる原因はさまざまです。聞こえに不安を感じたり、補聴器の使用を検討したりする方は、耳鼻科医師による診察をおすすめします。正確な診断は病院の医師が行いますが、耳のどの部分が原因なのかで、難聴の種類は異なります。また難聴の種類によって、適切な補聴器、調整方法も異なります。

伝音難聴

外耳や中耳の障がいによって発症。内耳は正常なため、十分に大きな音が内耳に伝われば、聞き取りは大きく向上します。補聴器の使用はとても効果的です。

感音難聴

内耳もしくは内耳以降の神経回路の音を感じる部分の障がいによって発症。加齢や大きな音の聞きすぎによる蝸牛内部の有毛細胞の機能低下、内耳・聴神経・脳の中枢などの感音系の障がいが原因。小さな音が聞き取りにくい、大きな音が響く・ひずむ、言葉が不明瞭などの症状が現れます。補聴器を正しく調整して使えば、効果が期待できます。

混合性難聴

伝音難聴と感音難聴の両方の症状によって発症。中耳炎が悪化して、内耳が冒された場合をはじめ、いろいろな原因があります。

「オージオグラム」とは
オージオグラム聴力を測定してどの位の音の大きさが聞き取れるのかを示したグラフです。横軸が周波数(Hz:ヘルツ)、縦軸が音の大きさ(dB:デシベル)を示します。右耳が赤、左耳が青です。

お問合わせ