補聴器とは

補聴器は、心地よい「聞こえ」を耳元に届ける、小さくても頼もしいサポート機器です。

以前はなかった、こんな経験はありませんか?

  • 家族から、テレビの音量が大きいと注意されることが増えた

  • 話しかけられても聞き取れず、聞き返すことが増えた

  • 騒がしい場所に入ると、とたんに会話が聞き取りづらくなる

聞こえにくさの改善のために、補聴器があります。

聴力の衰えと補聴器

聴力の衰えは、誰にでも可能性のある症状で、特別なことではありません。

「年齢のせいか、最近耳が聞こえなくて」という声を聞くことはありませんか?そう、耳は、加齢や過剰な負荷によって機能が衰えるデリケートな器官なのです。 耳が聞こえにくい症状を「難聴」といいます。難聴というと大変な病気のように聞こえてしまいますが、症状の程度は実にさまざまです。耳元の大きな声でさえも聞き取りにくいといった重い症状もあれば、小声やささやき声が聞き取りにくいといった軽い症状まであります。しかし、聞き取りにくさという点で、いずれも難聴と呼びます。

難聴の程度の表を見る

難聴による聞こえにくさを改善するために、「補聴器」があります。

フォナックくん「これまで聞こえていた声や音が聞こえにくくなると、家族や友人とのコミュニケーションが取りづらくなったり、結果として生活や仕事に影響が出ることもあります。本人はいたって健康なのに、聞こえにくさが原因で人と会うのを避けたり、外出を断らざるを得ないなんて、もったいないことだと思いませんか?

そこでおすすめしたいのが「補聴器」です。現在の補聴器は小型化、デザイン化が進んでおり、目立たずおしゃれに使っていただけるのが特徴です。また、デジタル方式といって、聞こえてきた音をコンピューターで制御してから耳に伝えることができるため、装用される方にあわせて、快適な音量・音質で音をお届けすることができます。

補聴器であなたの毎日をアクティブに!
  • 自然な聞こえ方で、家族との会話がよりスムーズに!
  • 音楽・映画鑑賞がますます楽しく!
  • 街での待ち合わせも、ショッピングもしやすくなります。
  • スポーツ、旅行などのアウトドアもより積極的に!

好みに合わせて選べる、補聴器の種類あれこれ。

補聴器にはいくつかの種類があり、聞こえ具合や装用時間、ご予算などいくつかの条件を合わせたうえで、お好みのものをお選びいただけます。 もちろん、補聴器の検討や購入のご相談は、病院の医師や補聴器販売店の経験豊かな専門スタッフがうかがうのですが、その前に、どんな補聴器があるのか知っていると希望を伝えやすくなるかもしれません。どんな補聴器があるのか、一度ご確認ください。

耳かけ型 耳あな型
精密機器部分が耳の後ろにあるタイプ。
あらゆる聴力に対応できるのが特徴です。
精密機器部分が耳あなに入るタイプ。
耳の形に合わせて作ります。
標準
タイプ
RIC
タイプ
IIC/CIC/ミニカナル
タイプ
カナル
タイプ
フルシェル
タイプ
標準タイプ CRTタイプ CIC/ミニカナルタイプ カナルタイプ フレッシェルタイプ
装着写真 装着写真 装着写真 装着写真 装着写真
幅広い聴力に対応。カラーも豊富です。 音を出すレシーバ
部分が耳あなに入るタイプ。
高音質、小型化を実現。
耳あなにすっぽり入って目立ちません。 小さく目立ちにくく、CICより操作しやすいのが特徴。 耳あなをすっぽりと覆いで、中~高出力をお求めの方向けです。
説明図
  • マイクロホン音口

    音の入口です。

  • プログラムスイッチ

    プログラムを切り替えます。

  • イヤフック

    音の出口です。

  • ボリュームコントロール

    音量を調節します。

  • 電池ホルダー

    電池を挿入します(電源の入/切機能付き)。

説明図
  • レシーバ

    音の出口です。

  • マイクロホン音口

    音の入口です。

  • プログラムスイッチ

    プログラムを切り替えます。

  • 電池ホルダー

    電池を挿入します(電源の入/切機能付き)。

  • ボリュームコントロール

    音量を調節します。

聞こえをもっと快適に!フォナックがおすすめする補聴器との新しい関係とは?

残念なことですが、どんな優れた機能をもつ補聴器でも、すべての聞き取りで最高の性能を発揮できるわけではありません。特に補聴器での聞き取りが難しいのは、教室や会議室、騒音の多い場所での声の聞き取り、そして話し相手が少し離れたところにいる場合での聞き取りです。 そこでフォナックでは、補聴器がカバーしづらい聞き取りシーンを助ける便利な周辺機器を用意しています。 暮らしのなかに上手に取り込んで、単なる”聞こえる”を超えた、“豊かな聞こえ”を楽しんでください。

FMシステム

FMシステムは、話し手の声をマイクでキャッチし、FM電波に乗せて補聴器に直接届ける補聴援助システムです。

  • 聞き手

    受信機を装着

  • 話し手

    送信機を装着

  • FM電波

    (169MHz帯)

  • 学校で
    先生と離れていても授業が聞き取りやすくなります。
  • 会社で
    大人数での会議でも活用できます。
  • 休日に
    楽しいアクティビティのシーンも快適に。

詳しくは

ワイヤレスアクセサリー

携帯電話やテレビなどのオーディオ信号をブルートゥースを通して受信し、補聴器に伝送する便利な機器です。

コムパイロット テレビパッケージ
(フォナック テレビリンク Sとフォナック コムパイロットのパッケージ商品)

  • フォナック
    テレビ リンク S

    テレビに接続して集音。 フォナック コムパイロットへ ブルートゥースで伝送
  • フォナック
    コムパイロット

    フォナック テレビリンク Sから送られてきた音を補聴器へ伝送。 単体でブルートゥース機能付きの携帯電話や、音楽プレーヤーと組み合わせることも可能です。

詳しくは

お問合わせ