フォナックとは

フォナックとは

世界中で愛されるフォナックが、心地よい「聞こえ」をお届けします。
フォナックは1947年スイスで生まれ、現在100カ国以上で愛用されているデジタル補聴器のグローバルブランドです。創業以来、常に新しいテクノロジーと補聴器、ワイヤレス通信機器に特化した専門技術の研究開発を続け、世界の聴覚専門家よる強い協力関係のもと、より多くの方のQOL(生活の質)向上に努めてきました。
現在は全世界に9,000人以上の従業員を抱え、世界のリーディングカンパニーの一角を担う企業へと成長。その開発力とスケールメリットを活かしつつ、「聞こえ」の悩みに耳を傾け、多様なライフスタイルや生活環境にお応えする、たくさんの新しいアイデアをお届けしています。

スイス本社

スイスのチューリッヒ近郊にある Stafa (シュテファ)の本社にはマイクロエレクトロニクス、デジタル信号処理、ソフトウェア開発、マイクロメカニクス、聴覚学、製造、資材技術などあらゆる分野の専門家が在籍しています。ハイテクセンターではお互いが円滑にコミュニケーションできるよう、空間の仕切りを最小限に抑え、より有意義なディスカッショ ンとアイディアのもと、優れた製品が生み出されています。
本社サイト(英語): http://www.phonak.com/com/b2c/en/home.html

Sonova グループ

フォナックの母体であるSonova(ソノヴァ)グループは聴覚における総合的なソリューションサービスを展開しています。補聴器やFMシステム、ロジャーなどのワイヤレス通信システムはもちろんのこと、既存の業界にとどまらず、人工内耳、聴覚保護システム、高性能イヤホンなど常に新しい分野に積極的に進出しています。2013/14年度(2013年4月~2014年3月)の売上高は1,951百万CHF(スイスフラン)(≒2,205億円)を達成しました。これは革新的な技術と顧客本位のサービスにもとづいた結果でもあります。
グループサイト(英語): http://www.sonova.com/en/Pages/default.aspx

スイスの医療技術産業

医療技術大国であるスイス政府が展開する「Swiss Global Enterprise 」では、スイスの医療技術産業について詳しいデータとともに資料を公開しています。
なかでもファクトシートには、スイスの10大企業が紹介されていて、sonovaがジョンソン エンド ジョンソン、ロシュに次いで名を連ねています。
スイス政府発行Global Enterpriseデータ:医療技術大国としてのスイス

研究開発

フォナックは5つのR&Dセンターを運営しており、そのうち2つがヨーロッパに、そして3つが北米にあります。そして多くの外部の研究パートナーとも協力関係を結んでいます。 各センターで並行して行われる研究開発の成果は、グループ全体で共有され、活用されます。効果的にコーディネートすることで、フォナックはより優れた補聴器を生み出し、お客様のニーズに応えることができます。

フォナックはこれまで、一連の革新的な技術を市場のスタンダード技術として導入することに成功してきました。その結果、“革新を実現する力”というものが、私たちの大きな特徴となっています。 またフォナックのコミュニケーション部門が開発するロジャーシステム/FMシステムはパイオニアとしての地位を確立しています。ロジャーシステム/FMシステムは学校の教室やレストランなど騒がしい場所での聞き取りを向上させる補聴援助システムで、特に言語獲得中のお子様に広く普及されています。

お子様向け補聴器へのフォナックの取り組み

  • こどもの難聴
  • 学校生活での「聞こえ」
  • 授業を助ける補聴器
  • 授業を助ける周辺機器

学校や習い事、遊びなど、こどもの耳はおとなが思う以上に、変化の多い環境におかれています。
たくさんの情報を得ようとする小さな耳のために、フォナックではお子さま向けの補聴器をご用意しています。 活発に動き、好奇心旺盛なお子さまのことを考えた機能が満載です。

医療機関等との透明性ガイドライン

フォナック・ジャパン株式会社は、高い倫理性と公共性が求められる医療関連企業の一員として、日本医療機器産業連合会が策定する「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」および医療機器業公正取引協議会が定める「医療機器業公正競争規約」とそれらの精神に従い、医療機関等との関係の透明性に関する企業方針をここに表明し、医療機関等への資金提供に関する情報を公開しております。

透明性ガイドラインの詳細