生まれつきの難聴になる確率はどれくらい?

生まれつきの難聴になる確率はどれくらい?

先天的に聞こえに障がいをもつ乳児の割合は1,000人に1~2人(0.1%~0.2%)といわれています。今の医学でははっきりとした原因がわからないこともあります。
もしお子さんが難聴だと診断された場合、まずは、「聞こえ」に対する正しい知識を備えるために本サイトを参考にして基本的な情報を得ていただき、医療関係者や同じ症状をもつ親御さんと良好な人間関係をつくり、情報を交換したり、悩みを共有して、親御さん自身が不安を抱え込まないことが大切です。

二人目の子も難聴になる確率はどのぐらい?

二人目の子も難聴になる確率はどのぐらい?

難聴には、遺伝によるものとそうでないものがあります。遺伝によらないものには、出産の時や、その前後の病気も含まれます。また、難聴の原因が分からないものもあります。
難聴をもつお子さんの90%は、聴こえが正常なご両親から生まれます。
そのため兄弟・姉妹で難聴になる確率ははっきりとわからないと言えます。

子供がなんども聞き返してくる

子供がなんども聞き返してくる

お子さんの難聴が判明する機会はお子さんの健康診断でわかる場合が多く、特に最近では新生児スクリーニングといって新生児の早い段階で寝ている状態で聴力を検査することが出来る病院・機関が増えてきています。
また診断の時に気づかなかった場合は、おっしゃるように普段の生活でお子さんが聞こえにくそうにしていることにご両親や周りの方が気づいて検査にいらっしゃって発見される場合もあります。
「テレビの音量を大きくしたがる」、「話しかけても気づかない方向がある」、「呼びかけるとキョロキョロと探す」といった状況が多くみられるような場合は一度大きめの耳鼻咽喉科で検査をうけられても良いかもしれません。

軽度難聴と診断されました。これからどんな生活になりますか?

軽度難聴と診断されました。これからどんな生活になりますか?

お子さんの難聴の症状にもよりますが、一番大切なのはご両親やご家族が一番の理解者になって、「聞こえにくい」という障害だけに目を向けず当然のしつけと様々な経験をさせてあげることです。
特に軽度難聴は「心配いりません」と診断をされそのまま放置されてしまうことがあるのですが、難聴のこどもさんは能力があっても、聞こえにくいことで、受け止められることばの情報・刺激と学習のチャンスがどうしても少なくなってしまうことで、情報の処理(理解)や情報の表出(表現)の学習経験が少なくなってしまいがちです。
補聴器やその他の器械を上手に使い、ことばの情報をたくさん取り入れ、刺激を受け学習する機会を増やせるよう、ご家族内でもお子さんの状況に併せて過ごされると良いでしょう。
軽度でも難聴のお子さんにとって、学校では前と後ろ、廊下側と窓側等の席の位置で先生の声の聞こえ方がまったく変わってしまうので、席替えの際に聞こえやすい場所に座らせてもらえるよう配慮してもらうことも重要です。

中耳炎から難聴になる確率はどのぐらい?

中耳炎から難聴になる確率はどのぐらい?

一言に中耳炎といっても様々な種類と原因がありますので、一口に何%で難聴になる確率がある、とは言えません。
お子さんが急性中耳炎になった場合、診察を受けた医師から治療の完了を告げられるまでは自己判断で通院をやめたりしないことが大切です。特に滲出性中耳炎など、一度は良くなったように見えても実際には完治せず症状が繰り返されたりするような中耳炎の場合は誤った自己判断によって治療が遅れてしまい難聴が継続されてしまうこともありますので、医師の判断・指示に従うことが大切です。