2017年も残すところあと11日となりました。

今年も沢山の話題がありましたが、フォナックのスイス本社で監修しているHearing like meのブログ(ブログサイトの紹介記事はこちら から)でソーシャルメディアで反響の大きかった、聴覚関係のニュースをまとめた記事があがっていましたので、ご紹介いたします。

1位~5位まで

第1位 ティーンの女優 一側性難聴を告白

Millie Bobby Brownというティーンの女優さんはNetflixで配信されているドラマで一躍有名になった方だそうです。


彼女が自身の一側性難聴について公にしたことに話題が集まったそうで、記事内では他にも難聴を告白し、難聴への理解を広めたいと活躍されている著名人についての話題が上がっています。元記事はこちらから

 

 

第2位 装用が楽しい補聴器・イヤモールド

日本でも補聴器やイヤモールドでカラフルな工夫を楽しまれている方々の話題を目にすることがありますが、この記事でも補聴器で彩りも実際に楽しまれている方の紹介と、フォナックのインスタグラムの画像を紹介しています。元記事はこちらから

フォナックのインスタグラムはこちらから

 

第3位  難聴を治す薬?

アメリカのBrigham and Women’s Hospital (BWH), MIT, and Massachusettsの共同研究で、感音性難聴の起因となる内耳の有毛細胞損失に対して、再生を促すことを目指した治療薬のマウスでの実験が成功したというニュースが3位にあがっています。

日本でも、有毛細胞への再生アプローチについて様々な研究が進んでいますが、この研究も感音性の難聴、特に後天的に発生した加齢や投薬投与、事故等の刺激による有毛細胞の損失現象に対して有効だと考えられ、1年半以内に人体での治験を始める見込み という楽しみなニュースで多くの方にシェアされています。

元記事はこちら

4位 GAPのコマーシャルに補聴器をつけた赤ちゃんが登場

衣料品ブランドのGAPで、製品コマーシャルに初めて補聴器をつけた赤ちゃんが採用されました。多くのメーカーやブランドが多様性を前面に打ち出した広告やプロモーションを始めています。障害のある なしに関わらず、社会全体が一人一人に出来る事を受け入れ認め合うことを願っている人が多くいることを嬉しく思い、私たちも聴覚に関わる仕事をするものとして、積極的な発信を続けたいと思うニュースでした。

 

 

 

 

 

 

 

元記事はこちらから

5位 Chris Prattの謝罪と依頼

日本でもガーディアンズ・ギャラクシーという映画で一躍有名俳優の仲間入りをしたChris Prattが、自身のインスタグラムで自身のSNS発信に配慮が足りなかったことを謝罪し、SNSのシステムに使いやすさを求めた というニュースです。

字幕機能がないことでそれを楽しめない人が多くいるという事に自分は関心がなかった という事を謝罪した動画を彼のような有名俳優が発信したことで、動画をより多くの人に楽しんでもらえるために字幕を簡単につけられるなどの追加機能が多くのSNSに追加されたら嬉しいなと思う記事でした。

元記事はこちらから

 

5位以下も興味深いニュースが沢山ありますので、よかったら是非ご覧ください。

全て英語の記事ですが、以前ご紹介しました翻訳方法である程度お読みいただけると思いますので、そちらも是非お試しください!

翻訳方法については本記事最初にリンクを貼っているご紹介の記事からどうぞ

 

<5位以降のニュースタイトルのみ紹介します↓>

6位 アーティスト 補聴器を装用したディズニープリンセスの絵を公開

https://www.hearinglikeme.com/artist-drawing-hearing-aids-on-art-to-break-down-stigmas/

7位 エレンの部屋※1に10歳の補聴器装用者登場

https://www.hearinglikeme.com/ellen-talks-with-boy-raising-money-for-hearing-aids/

※1 日本でいう徹子の部屋のようなアメリカの超有名番組

8位 三つ編みが補聴器を輝かせる

https://www.hearinglikeme.com/sweethearts-hair-design-braids-for-hearing-aids/

9位 アメリカ の人気番組で聾の歌手が話題

https://www.hearinglikeme.com/deaf-singer-americas-got-talent/

10位 ジュエリーで補聴器の啓蒙

https://www.hearinglikeme.com/louder-jewelry-deaf-jewelry-line/

 

全て読み直すと、改めて難聴や補聴器に関しての社会の理解や認知の状況は少しづつ良い方に向かっているような期待に満ちた明るい気持ちになります。

ソノヴァ・ジャパンでも、日本国内で同じような発信が出来るように工夫して行きたいと思っております。

皆さんがご存知のことで多くの方に知ってもらいたいことなどありましたら是非共有ください!

2017年も残すところ3週間弱になりました。

ご自身の親しい方、お世話になった方に感謝の贈り物や、

年賀状・クリスマスカードなどの挨拶を準備される時期でもあるかと思います。

 

フォナックでは70周年を迎えた今年、皆さまへの感謝の気持ちを込めて、カードクリエーターという、カードを作成できるサイトをOpenしました。

日本語のサイトもありますので是非ご覧ください。

こちらのサイトから、ご自身の好きな写真を作ってお好きな相手にお好きなメッセージを送信することが出来ます!

こんな感じのカードが作成できます↓

是非ご活用ください!

フォナックから、みなさんへの感謝の気持ちを込めた、サイトのトップページ動画もフォナックのYoutubeチャンネルに更新されています。

ご覧いただけたら嬉しいです。

 

2016年4月に施行されました障害者差別解消法に基づく合理的配慮の一環として大学や企業からロジャーのお問い合わせや設備導入の案件が増えております。

佛教大学様にも今年3月、タッチスクリーンマイク2点、パスアラウンドマイク2点、マイリンク2点を設備導入して頂きました。この度、導入にご尽力して頂きました学生支援課の担当者の方と、実際にロジャーをご使用されている社会福祉学部のKさんにお話を聞かせて頂きましたのでご紹介いたします。

佛教大学 紫野キャンパス

 

  • ロジャー導入前の状況についてお聞かせください。

学生支援課 担当者:

『ノートテイクに限界を感じていました。ノートテイクは下級生や他学科のボランティアですと専門用語や略語が出てきた場合、わからなくなり充分な情報保障ができなくなる可能性があります。また、離れたキャンパスに行くには時間がかかるので、対応が難しいといったことがありました。』

『補助機器を導入すると最初は費用がかかりますが、最終的には経費削減につながると考えました。』

 

ロジャー利用者 Kさん:

『中学生の時にFMシステムを使用したことがありました。ですが、雑音がひどくて聞きたい声が聞きづらかったです。また、そのFMシステムは音量調節が出来なく、耳に直接入る音が大きすぎたことから、長時間使うと外したくなってしまうものでした。こういった経験もあって、FMシステムの印象はあまり良くありませんでした。』

 

  • ロジャー導入後はどのような変化がありましたか?

ロジャー利用者 Kさん:

『FMシステムと比べて雑音がほとんどしないことにとても驚きました。補聴器だけだと女性の先生の声が聞き取りづらかったのですが、ロジャーを使用してから明瞭に聞こえやすくなりました。』

『ノートテイクを配置することが難しい授業では、ロジャーを使用して、聞き取った情報が聞き間違いでないか、隣にいる友人のノートを確認しながらノートをとる形式で授業を受けることができるようになりました。』

 

  • 現在はロジャーをどのように使用されていますか?

学生支援課 担当者:

『最初は先生にタッチスクリーンマイクを首にかけてもらって使用していましたが、現在は講義室の音響設備にタッチスクリーンマイクを接続して、講義室のマイクから→音響設備と接続したタッチスクリーンマイク→マイリンクで使用しています。』

 

ロジャー利用者 Kさん:

『先生の首にかけて頂いて使用していた時は、先生が下を向いて話しているとタッチスクリーンマイクが不安定な状態になり、うまく声を拾うことができなくなったりしていましたが、現在の音響設備接続の場合、先生は常にしっかりとマイクを持って話されるので、音質もよく声を拾うことができています。』

『また、マイクを持って話すと口元がマイクで隠れて見えないので、読み取りにくかったですが、ロジャーを使うと口元を見なくても先生の声を拾うことができ、自分自身でノートをとるために下を向いていても理解できるようになりました。』

 

  • 現状の課題と今後についてもお聞かせください。

学生支援課 担当者:

『今後、難聴の学生が増えた場合、キャンパスが異なると曜日によっては ロジャーが足りなくなる可能性もありますので、大学内で協議の上、必要であればロジャーの追加導入を検討していきたいと思います。』

ロジャー利用者のKさん

 

Kさんは社会福祉士の資格取得を目指して日々勉強されています。将来的には、何らかの形で聴覚障害者福祉に携わりたいと考えているということです。

合理的配慮に基づく設備導入についてはまだまだ情報が少なく、困ってらっしゃる大学のご担当者様や学生様も多いかと思います。今後も少しでも何かのご参考になるように導入事例や情報をご紹介していきたいと思います。

導入して頂いたロジャー製品

 

佛教大学 障がい学生支援ページ リンク

 

 

今日、11月20日は1954年に国連が子どもの権利条約を定めた「世界こどもの日」です。

全54条からなるこの条約の中で特にわたしたちフォナックと、特に関わりが深いのは、第2条「差別の禁止」、第3条「子どもの最善の利益」、第13条「表現・情報の自由」、第23条、障害児の権利の国際協力でしょうか。(条約の全文はユニセフのサイトをご参考ください。)

 

特に23条は、2016年4月に施行された障害者差別解消法の“合理的配慮”の項目ともとても近しい内容です。

第一項にある「全ての児童がその尊厳を確保し、自立を促進し及び社会への積極的な参加を容易にする条件のもとで十分かつ相応な生活を享受すべきであることを認める。」という内容はまさにフォナックが聞こえの問題を抱える全ての人に向けて発しているメッセージに繋がります。

このメッセージを難聴児の保護者の方や学校の先生、補聴器店の皆様が開催されている様々な勉強会に弊社の社員をお呼びいただいた際に紹介させていただいております。

 

今年6月11日にお邪魔させていただいた「みしま難聴児を持つ親子の会」様が開催された講演会の際にも実際に機材に触れていただき、どんな解決策があるのかをご紹介させていただきました。

その際の会の様子を「みしま難聴児を持つ親子の会」のHPでご紹介いただいております。

トップページはこちらhttps://mishimaoyako.jimdo.com/

 

6月11日当日の会に参加された皆様の感想がとても意義深く大切なメッセージをお持ちでしたので弊社のブログでも紹介させて頂きたいと思います。

こちらのリンクからご拝読ください。

「聴覚障害による情報不足」が見過ごされてしまいやすい現状であり、だからこそ1人1人の方の理解・発信がきっと大きな力になるなと感じさせていただきました。

 

改めて大切な情報を必要としている方にしっかりと届けることが出来るよう、発信を続けて行きたいと思います。

少し前のご報告になってしまいますが、10月28日(金)から札幌学院大学で開催された、第13回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウムに、29日(土)の機器展示にて参加させていただきました。

本会のテーマは「障害者差別解消法から1年を経て考える」として、各大学の学生支援の現状を情報共有する場とされ、約400名の参加者の方がいらっしゃいました。

フォナックでは、昨年の法律施行に併せ、聴覚障害をお持ちの学生さん・社員さんがいらっしゃる各教育機関様や企業様からのお問い合わせが増え、ロジャーのデジタル サウンド フィールドをはじめとし、ロジャー タッチスクリーン マイク、ロジャー パスアラウンド マイクを導入・活用いただく機会が増えました。(ANA様の導入事例ご紹介はこちらから)

しかしながら、いまだ、「合理的配慮」についての認知は広がっていない部分が多いと感じられる場面も多く、当日も弊社の過去のロジャーにまつわるブログをピックアップして印刷した冊子をご確認いただいたり、実際のロジャーの聞えを体験されて、驚かれる学生さんが多くいらっしゃいました。

フォナックが応援する、『聴覚障害を持つ人も持たない人も聞こえのバリアを感じない社会』において、これからますます情報の発信・共有が大事になっていきます。正確な情報が早くしっかりと浸透するような発信を心掛けていきたいなと改めて考えさせていただきました。

 

 

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ