» 補聴器ワンポイントアドバイスのブログ記事

先日フォナック 補聴器塾の後期日程をご紹介させていただきました。

 

お申込の際や、補聴器塾について頂戴するご質問の中に、

どんな形で開催されているのかご質問いただくことがございますのでご紹介いたします。

 

東京での開催は弊社五反田オフィス、それ以外の場合は会議室などを借りて実施しています。

五反田本社での基礎コース ”フィッティング” の講座風景です。

満席のお申込を頂戴し、弊社の講師の講義を皆様真剣に受講いただいています。

 

各講座内容にもよりますが、1講座につき最大でも10名様までの応募とさせていただき、

ご参加いただくお1人お1人により深く、より新しい情報をお持ち帰りいただきたいと考えています。

 

補聴器塾 後期日程のご案内受付開始したばかりですのでまだお席に余裕がございます。

間近になるとお席が埋まりやすくなってまいりますので、お申込みいただける際は

お申し込みページ または、こちらのブログ,からご連絡ください。

それ以外のお問い合わせ:juku.jp@phonak.com(担当:聴覚教育部

※補聴器塾の参加対象者は補聴器販売従事者の方と補聴器および聴覚に関わる医療従事者の方とさせていただいております。何卒ご了承ください。

 

補聴器、ロジャーをご利用いただいてる方から頂戴するよくある質問に、「無くさないように使用する方法は?」というお問い合わせがあります。

フォナックでは成人用・お子様用の2種類の紛失防止用クリップを用意しております。

お子様用

成人用

クリップの両端を補聴器にとおして、真ん中のクリップ部分をお洋服や帽子などに留めてお使いいただけます。

ご質問いただく中でも、特にお子様が補聴器をお使いの親御様から、お子様の補聴器の紛失を心配なさる声をいただくことが増えております。

先日レオ君カレンダー画像募集の件のご紹介でフォナックのインスタグラムを紹介いたしました。

そちらに掲載されていましたお子様のクリップご利用画像2点も併せてご紹介します。

赤ちゃん~小学生くらいのお子様にはこちらのお子様用を、小学校の高学年くらい以上のお子様には上記、成人用のクリップをご利用いただいてもよろしいかもしれません。

また以前にブログ内で、人工内耳用とロジャー受信機の落下防止として、お子様用の落下防止クリップと、ロジャー受信機を留める文房具のご紹介をさせていただきました

2016年7月にロジャー タッチスクリーン マイク を発売させていただいてから、同様のご質問をいただくことも増えましたので、再度のご紹介でした。ご参考いただけましたら幸いです。

補聴器をご利用いただくエンドユーザー様からいただく要望の中に

「補聴器のことを良く知らないで買ってしまった」というお声をいただくことがあります。

我々メーカーとしての力不足を感じる部分でもありますが、業界全体としても

使っていらっしゃるユーザー様の満足度をより高めようと、様々な取り組みが行われております。

 

取り組みの一貫として、日本補聴器販売店協会主催の、補聴器販売者技能向上研修が開催されることになりましたので、ご案内いたします。

補聴器販売者技能向上研修

本研修は12月4日~全国7都市で開催され、研修の参加費は無料になります。

我々も補聴器に携わるものとして、参加させていただきます。

参加の詳しいお申し込みは日本販売店協会様のHPおよび下記からご確認ください。

研修のご案内 研修内容 申込書

こんにちは。

2月も半ば、寒い日が続いていますね。
インフルエンザも流行している今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

1さて、今日は冬の補聴器のお手入れについて
ご紹介いたします。
一般的に汗による故障などがあげられ、
夏の暑い時期など特に「要注意」とされています。

でも実は冬場の故障も多いことをご存知ですか?

原因は温度差によってチューブ内に発生する「結露」です。
寒い外、暖かい部屋の中、
冬は温度差の激しい環境で補聴器を使用しいているんですね。

だから汗をかかない冬でも、補聴器のケアは大切です。

フォナックでは毎日簡単に乾燥・除菌のできる
補聴器専用乾燥機「D-Dry」をご用意しています。

2

寝る前に補聴器をD-Dryに入れてスイッチオン!
簡単に湿気対策が出来ます。

補聴器をD-Dryに入れるときは
補聴器から電池を取り外してくださいね。

補聴器に使われている空気電池は
乾燥により使用時間が短くなってしまいます。

D-Dryについて詳しく知る

 

補聴器を購入された多くの方が生活に「満足」を感じています。

1

補聴器が役に立っていると感じている人の割合は、
84%に上ります。

気になるのは、どんなときに「満足」を感じているかです。
以下の場面でユーザーが満足を感じています。

●一対一の会話で言葉が聞き取りやすくなった
●電話での会話で聞き間違いが少なくなった
●グループでの会話時、話をしている人に言葉が聞き取りやすなった
●音楽鑑賞が楽しめるようになった

※Japan Trak2015より

やはり私たちは言葉でのコミュニケーションを主に生活しているという事が
分かりますね。

 

フォナックではユーザーそれぞれのニーズに合わせ、
より満足のいく聞こえを得られるよう、
補聴器以外にもアクセサリーや補聴器援助システムRogerといった
様々なソリューションをご用意いたしております!

補聴器だけでは満足のいく聞こえが得られなった方も、
その他ソリューションを補聴器と一緒にお使いいただくことで、
満足度が上がる事もあります。是非お試しください!

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ