» DSFシステム(線音源スピーカー)のブログ記事

あけましておめでとうございます。

2018年フォナックは本日1月5日(金)より始業いたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、新年最初のブログとして、ロジャーと情報保障機器のコラボレーション方法についてご紹介させて頂きたいと思います。

4月から新しい進学や就学などで新しい環境に移られる方にとっては新年のこれから、更に具体的な準備にはいられることと思います。

 

ロジャーについては、様々な情報保障機器との互換性があり、過去のブログでも音響機器との併用についてご紹介しています。

その後、送信機であるマイクの種類も増え、情報保障機器との連携パターンも増えてきましたので、新しい環境へ移られる際に情報保障を依頼される際などのご参考までに、7つご紹介させていただきます。

 

【1:難聴の生徒も難聴のない生徒も聞きやすく、先生や他の生徒の声も視覚でも保障可能なパターン】

総務省 平成29年障害のある児童生徒を対象としたプログラミング教育実施モデル実証事業で採用されたシステム構成図

→取り入れていただいた実証事業についてのブログでのご紹介はこちら

【2:先生の声を手元の端末で聴覚&視覚保障するパターン】

【3:先生の声も生徒の声も手元の端末で聴覚&視覚保障するパターン】

【4:難聴の生徒も難聴のない生徒も同じPAシステムから聴覚保障する(ロジャーマイクがメイン)パターン】

【5:難聴の生徒も難聴のない生徒も同じPAシステムから聴覚保障する(PA用のマイクがメイン)パターン】

【6:難聴の生徒も難聴のない生徒も同じロジャーシステムから聴覚保障する(ロジャーマイクがメイン)パターン】

【7:ループシステムとロジャーの両方から聴覚保障するパターン】

以上、ロジャーと情報保障機器との7つのコラボレーションパターンのご紹介でした。

こちらのパターンは良くお問い合わせを頂戴する組み合わせですので、お役に立てると嬉しいです。

 

2018年の今年も聞こえの困難を感じる1人でも多くの方やその周りの人たちが、聞こえのバリアを感じないですごせる日常をお手伝い出来るよう、精進して参ります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

少し前のご報告になってしまいますが、10月28日(金)から札幌学院大学で開催された、第13回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウムに、29日(土)の機器展示にて参加させていただきました。

本会のテーマは「障害者差別解消法から1年を経て考える」として、各大学の学生支援の現状を情報共有する場とされ、約400名の参加者の方がいらっしゃいました。

フォナックでは、昨年の法律施行に併せ、聴覚障害をお持ちの学生さん・社員さんがいらっしゃる各教育機関様や企業様からのお問い合わせが増え、ロジャーのデジタル サウンド フィールドをはじめとし、ロジャー タッチスクリーン マイク、ロジャー パスアラウンド マイクを導入・活用いただく機会が増えました。(ANA様の導入事例ご紹介はこちらから)

しかしながら、いまだ、「合理的配慮」についての認知は広がっていない部分が多いと感じられる場面も多く、当日も弊社の過去のロジャーにまつわるブログをピックアップして印刷した冊子をご確認いただいたり、実際のロジャーの聞えを体験されて、驚かれる学生さんが多くいらっしゃいました。

フォナックが応援する、『聴覚障害を持つ人も持たない人も聞こえのバリアを感じない社会』において、これからますます情報の発信・共有が大事になっていきます。正確な情報が早くしっかりと浸透するような発信を心掛けていきたいなと改めて考えさせていただきました。

 

 

東京大学先端科学技術研究センターが主催で2006年より開催されているDO-IT Japan 2017 夏季プログラムにて、本年もフォナックのロジャーの機材をお使いいただきました。

このプログラムは障害のある学生の進学と就労への移行支援を通じたリーダー養成プロジェクトとして、公募された何らかの障害をもつ学生がテクノロジーの活用で保障・授業/社会参加に広げるために実施されています。

今年のテーマは『障害のある若者の新しい働き方』でした。


 

 

 

 

 

フォナックのロジャー製品は、ロジャー タッチスクリーンマイク・パスアラウンドマイク・デジマスター・フォーカス を会場で活用いただきました。

一部のセミナーに参加させていただいた際に初めてロジャーを使ったという学生から「話し手の声がとても良く聞こえて、こんな便利な機械があることが知れてよかった。自分がこれからいろいろな場面で自分に必要な道具・支援を積極的に探すきっかけになった。」とのお話をしてくれました。

また、あるセミナーの中で「合理的配慮」と障害を持つ学生について、『合理的配慮』はもともと“Reasonable Accommodation”という多文化・異文化理解の文脈から始まったもの。だからこそ、「対話と提案の出来る障害を持つ若者」が今後、多様性を包括しなくてはならない社会変革のエンジンになってほしい。」という話題があがりました。

私たちフォナックが日々目指している、聞こえのバリアを感じない世界の実現にも、対話と提案の出来る聴覚障害を持つ人の存在がとても重要だと考えています。

ひとつずつ、少しずつですが、引き続き、製品やイベントなどいろいろな形でバリアを感じない世界の実現を目指して行きたいと思わせていただいたプログラムでした。

先日よりお知らせさせて頂いておりました、ロジャー等、補聴援助システムについて学ぶ会を、相模大野の ユニコムさがみはら で28日(土)に開催致しました。

お申込を頂いていた方全員がお越しくださり、当日直接ご来場いただけた方々もいらっしゃり、会場はお子様も沢山の和やかな雰囲気に包まれました。

実は、補聴援助システムであるロジャーを試して聞いていただくのは、賑やかな環境の方がより向いています。その聞こえやすさを、より実感して頂けるためです。今回の会場もお陰様でとても良い試聴環境になりました!

大人の皆様に着席形式で補聴援助システムの仕組みはもちろん、法律の役割などの説明を聞いていただいている後ろで、お子様たちにはフォナックの小児補聴器のキャラクター レオ君の塗り絵をしてもらったり、折り紙をしてもらったりしながら過ごしてもらいました。

 

 

 

 

ロジャーの試聴後、会の最後には直接ご不明な点がおありになる方や、ご質問がある方のお話をお伺いし、あっという間に閉会の時間となりました。

貴重なお休みの日に足をお運びくださったみなさま、楽しく塗り絵をしてお友達とお利口に過ごしてくれたお子様たち、本当にありがとうございました!

この回を開催するにあたり甚大なご協力を頂戴しました、北里大学耳鼻咽喉科・頭頚部外科の先生方にも改めまして心より御礼申し上げます。

 

実は今回のように実際に難聴をお持ちのお子様の聴こえの環境を体験していただき、補聴援助システムの有・無の状況がどれだけ聞こえかたの違いを生むのか、体感していただけるイベントは福岡・京都・岡山を経て4回目の開催でした。今後も全国各地で続けて参りたいと思います!

最近、講演やイベント会場などでもロジャーを活用頂くケースが増えてきました。

ロジャーの新しいマイクロホンと線音源スピーカーを使う際にちょっとしたコツがありますので紹介します。

 

【タッチスクリーンマイクの小グループモードに関して】ws0006

タッチスクリ―ンマイクは卓上に置くと小グループモードに切り替わり、マイクロホンの周囲約1.5m位までの範囲の複数の人の声を聞くことができます。

この時、一緒に使用している2台目以降のロジャーマイクロホンや線音源スピーカー(デジマスター)は、小グループモードの集音の邪魔にならないようネットワークから一時的に外れます。

 

 

 

【ロジャーマイクロホンと線音源スピーカーを使用する際のヒント】

講演やイベント会場ではロジャーマイクロホンで集音した声をロジャー受信機に直接飛ばすと共に、線音源スピーカー(デジマスター)から音を出力することができます。

ws000006

演者がタッチスクリ―ンマイクを使用していて、演者交代の為にタッチスクリ―ンマイクを演台の上に置くと、上記の小グループモードに切り替わり、2台目以降のマイク、線音源スピーカーデジマスターが一時的にネットワークから離れてしまいます。

ws000007

 

これでは困るので、タッチスクリ―ンマイクを小グループモードにさせない事が必要になります。

一番簡単な方法は、タッチスクリ―ンマイクを逆さまにして卓上に置く方法です。

タッチスクリ―ンマイクには加速度センサーが内蔵されており、タッチスクリ―ンマイクを水平に置いた際、下方向に重力がかかっているときに小グループモードに切り替わります。

逆さまにすることで下方向に重力がかからないように出来るんです。

ws000008

①表を上にして置くと2台目以降のマイクと線音源スピーカーがネットワークから外れること、②逆さまに置けばそれを防げるという2点を覚えておくとスムーズに活用頂けるかと思います。

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ