» 世界のフォナックのブログ記事

10月は展示会や学会などのイベントがとても多い月です。

今年も毎年恒例のEUHA(ヨーロッパ補聴器連合)の展示会が南ドイツのニュルンベルグで18日(水)から開催されています。(EUHAについての紹介ブログはこちらからどうぞ。)

日本でも、本日19日(木)から第62回の聴覚医学会が開催されています。

EUHAも、聴覚医学会も、医師や専門家の講演・論文発表があり、たくさんの人が集まる会です。

 

EUHAでは一般の方も入れる会場内に、今年もフォナックのスイス本社のチームと、ドイツのチームが一緒にブースを作りあげ、新しい製品の機能紹介や、症例の紹介セミナーなどが行われている様子が、ヨーロッパの同僚たちから届きました。

聴覚医学会では先生方の論文発表の休憩時間などに、医療機器や製薬会社、そして補聴器会社の展示を参加者の方々が見て回られます。

こういったイベントでは各企業ともに新製品や開発している機能の紹介などをしますが、今年の傾向としては充電タイプの補聴器が各社から出揃ってきている様子が見られました。

日本では、2016年の12月にフォナックが初のRICタイプの充電式補聴器を発表させていただいたのを皮切りに、現在までにほとんどのメーカーから様々な電池を使用した充電タイプの補聴器が紹介されています。

フォナックでは充電タイプの開発は、長くユーザー様から切望いただいて発売に至った経緯があります。

以前もご紹介させていただいた、フォナックのオーディオロジストや、ユーザーの方などに寄稿頂いてる英語のサイト“hearing like me”には、Ask Annaというコーナーがあります。

フォナックのオーディオロジストであるAnnaとユーザーの方からの質問のやり取りなどを紹介しているコラムですが、電池交換が苦手なユーザーさんへのコメントを記載した回がありましたのでご紹介します。

下記でAnnaに連絡をくださった、サラさんのお母様のように、お手元の作業がお辛いと感じられるユーザーの方の困難を解決出来る補聴器が各社から増えていることをとても嬉しく思います。

一人でも多くの方がより困難を感じずに日々の暮らしを送ることができるよう、フォナックはこれからも、聞こえのバリアを感じることのない世界を実現するために日々努力していきます。


 

 

 

 

↓↓↓

アンナさん

私の母は関節炎を患っていて、補聴器の電池交換をする時に、いつも悪戦苦闘しています。

家族や友達が一緒にいるときは助けてあげられるのですが、母が自分自身で解決できるような方法が何かあればと思っています。何かアドバイスをいただけませんか? サラより

→サラさん

お母様が補聴器の電池交換に手間取ってしまうと聞いて、とても申し訳なく思っています。電池交換に手間取ってしまうと、とてもイライラしたり、不安な気持ちを引き起こす原因になってしましますよね。誰でも、自分の健康維持のために人の力を借りているとは思いたくないですから。

今までは、補聴器の電池交換をすることや、常に常備しておく必要があるということは、世界中で広く浸透している当たり前のことでしたが、今は幸いにもバッテリー技術の発展に伴い、電池交換の必要としない補聴器があるのです。

電池交換が必要のない、充電式補聴器の内部には、携帯電話で使われているバッテリー技術に似た電池が内蔵されており、充電器で一晩充電するだけで、翌日には電池の心配をすることなく、一日中使うことができます。

このような充電式補聴器は、あなたのお母様のように今まで電池交換にお困りだった方々の悩みを解決してくれるでしょう。そして、あなたのお母様のように困っている方々の問題解決のための選択肢の一つとなると思っています。

フォナックでもPhonak Audéo B-Rと呼ばれる新しい充電器を発表しました。詳細については聴覚医または聴覚専門家に直接お問い合わせください。

(Hearing like meを通じて提供されている情報は、健康上の問題や疾病の診断や治療に使用しないでください。健康上の問題を抱えている場合、速やかに専門医とお話しください。Hearing Like Meを読んだことにより、専門的な医学的アドバイスを無視したり、病院での受診を先送りにするようなことはしないでください。もしご自身の健康に不安がある場合、直ちに医師または緊急医療機関に相談してください。

原文(英文)はこちら↓

Dear Anna: My mother has arthritis and has a hard time changing her hearing aid batteries herself. When she is with a family member or friend, they are able to help, but I would love to find a solution that allows her to be more independent. Do you have any advice? – Sara

Hi Sara,

I am sorry to hear that your mother is having a hard time changing her hearing aid batteries. Being unable to easily do this can be very frustrating, and it can also cause unnecessary anxiety. Nobody wants to feel that they are reliant on family and friends to take care of their own health.

Changing hearing aid batteries and having to remember to always carry them with you is something that has become universally accepted in the world of hearing aids because until now there has been no viable alternative.

Fortunately, developments in battery technology mean that there are now hearing aids that do not require an end user to change a battery.

Rechargeable hearing aids have batteries inside that are similar to the battery technology used in mobile phones.

This means all that has to be done is to charge the hearing aids overnight in a charging device and you are ready to go for the whole day.

These rechargeable hearing aids free people from the hassles that come with disposable batteries. It could be an option to help people like your mother to regain their independence.

Phonak has just announced a new rechargeable hearing aid, called the Phonak Audéo B-R. Please reach out directly with your audiologist or hearing care professional to learn more.

The information provided through this website should not be used for diagnosing or treating a health problem or disease. It is not a substitute for professional care. If you have or suspect you may have a health problem, you should consult your health care provider. Never disregard professional medical advice or delay in seeking it because of something you have read on the Hearing Like Me website. If you think you may have a medical emergency, call your doctor or emergency medical services immediately.

9月17日(日)~19日(月)に、千葉県成田市にある国際医療福祉大学成田キャンパスで開催されたアジア環太平洋言語聴覚学会に参加させていただきました。

同学会は2年おきの国際学会で、アジア環太平洋の言語聴覚士やオージオロジストを中心に開催されます。2015年は中国で、今回は日本で、2019年には上海で開催される様々な国の方が参加される学会です。

私たちフォナックは、学会の3日目にセミナーを開かせていただき、横浜国立大学教育学部 特別支援教育講座 教授 中川辰男先生と、国際医療福祉大学 保健医療学部言語聴覚学科 准教授 小渕千絵先生に講演頂きました。

檀上、中川先生から”Factors to Consider When Using Wireless Amplification Systems in School Environments”と冠して学校の環境で、無線を使用した補聴援助のシステムを使う際に考慮する要素について、機器を利用した際のメリットと、心を配るべき点を中心にご説明がありました。

小渕先生からは“Assessment and Management for People with Listening Problems”と冠して聞き取りに問題を抱えている方に対して診療の際の検査のご紹介を含め、研究と臨床の成果のご説明がありました。

先生方のご説明のなかでご説明いただいた、フォナックのロジャー フォーカスを中心に、会期中、ご希望いただいた方には試聴スペースを設けロジャーの音を体験していただいたり、各会場にロジャーデジマスターを置いて情報保障のお手伝いをさせて頂くことで、日本だけではなく、中国や韓国などアジアの各国のかたからもご感想を頂く貴重な機会となりました。

 

 

 

ご講演いただいた中川先生、小渕先生、大会長の城間先生を始めたくさんの先生にアドバイスを頂戴しながら貴重な機会を頂けたことに改めて感謝をいたしますと共に、多くの患者さんを直接診ていらっしゃる先生方に、ロジャーの仕組み・機能・可能性を時間と体験をもって知って頂けたことに感謝いたします。

今後も、ユーザーの皆様にはもちろん、ユーザーの方々を支えていただく皆様に、より良い選択肢や可能性を探るお手伝いが出来る様このような機会を増やしていきたいと思います。

先週の週末に2つのイベントがありましたのでご報告いたします。

[1つ目]7月29日(土)

北里大学病院耳鼻咽喉科頭部頭頚外科主催 第2回補聴援助システムについて学ぶ会の開催

2017年1月に実施した際に、参加いただいた保護者の方から、実際に補聴援助システムを使った場合にご自身のお子様にどうやって音が聞こえているのかの体験がとても良かったという評価を頂戴し、第二回目の開催となりました。

当日は、集団補聴援助システムとは何か、学校の教室内での課題と解決策、最新の補聴援助システムの試聴体験 という流れで参加者の方に体験していただく時間を長めにとることでたくさんの実生活・実際の現場での問題等を絡めたご質問を頂戴することが出来ました。

またお父様お母様が参加されている中、一緒に来場いただいたお子様には別途のスペースで楽しく遊んですごして頂くことができました。


 

 

 

 

ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました皆様に心より御礼を申し上げます。

 

[2つ目]7月30日(日)

田中美郷教育研究所主催 第9回聴覚障碍児早期療育支援のための人材養成研修会特別講演での参加

都立産業技術大学院大学の会場にて、全国の特別支援学校並びに関係諸機関の職員の方々向けに田中美郷先生の研究所主催で開催されていらっしゃる研修会の2日目に、特別講演として参加させて頂きました。

当日はスイス本社から、教育&トレーニング担当オーディオロジストである、グローバルオージオロジー部のマイケル バロシェックを講師としてAPD(Auditory Processing disorder=聴覚情報処理障碍)等について「ロジャー」の受信機の1つ、「ロジャー フォーカス」というAPD等のお子様に有効な受信機のエビデンスの紹介と試聴を実施しました。

当日は試聴していただいた皆様から聞こえ方に驚きの声を頂くと共に、マイケルが発表した海外のエビデンスと同種の日本国内のエビデンスを期待頂きました。

ご協力いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

また新たに情報が公開できる段階になりましたら、ブログ・HPでお知らせして参りたいと思います。

 

以上2件のイベント参加報告でした。

これからも実際に試聴体験や現場でお困りのことを直接お話し頂けるような機会を増やしていければと思っております。全国の特別支援学校並びに関係諸機関の職員の方々で、同様の勉強会や試聴体験をご希望の場合は下記連絡先までお問い合わせください。

フォナック セミナー事務局宛:Lifeison.jp@phonak.com

2017年7月4日、フォナックはお陰様で70歳の誕生日を迎えることが出来ました。

スイスの本社ロビーではこのように70歳の誕生日をお祝いしています。

また、先月6月24日にはフォナックの親グル―プ、Sonovaの事業として行っている Hear the Worldのチャリティーパーティが行われ、375,000スイスフラン(日本円で約45,000,000円)もの募金が集まりました。今回のパーティで集まった基金で更に約1900名の難聴児に対してのサポートを実行することが出来るようになりました。

世界では3200万人の子どもが聴力になんらかの問題を抱え、それを理由に社会的な自立を阻まれているという現実を改善するために、Hear the World基金のプロジェクトは10年前に設立されました。歌手のブライアンアダムスがアンバサダーとして様々なプロジェクトに協力してくれています。今回のチャリティーイベントでも、ブライアンアダムスを始めとしたアーティストがチャリティーコンサートを開いてくれました。

また、フォナックのスイス本社にある、内耳を模した2回転半のらせん階段にもHear the Worldで携わってきた子どもたちの写真を掲載しています。

フォナック本社は今年70歳の誕生日。来年はフォナック・ジャパンが15歳の誕生日を迎えます。

“聞こえのバリアを感じない世界を実現するために努力する” 私たちフォナック・ジャパンの目標も、今後ますますSonovaの活動とリンクしていきます。

聞こえのバリアを感じない世界を、製品で、またこのような個々のプロジェクトで、一人でも多くの方に提供していけるよう、日々精進して参ります。

6月10日(土)富山県富山市民プラザで開催された人工内耳友の会【ACITA】全国大会に機器展示参加を致しました。

会場の補聴援助システムの案内

会場では我々Phonakと同じSonovaグループのアドバンスドバイオニクス社の製品と並んで補聴援助システムのロジャーを中心に展示紹介させていただきました。

実際にご試聴いただいた人工内耳ユーザーの方の中には、「すごい!!」と驚いていただいた直後に勢いよく、ご一緒に来場されていたご友人のところまでロジャーをお持ちになって「声の聞こえ方がすごいよ!!」とご友人と一緒に楽しく体験してくださった方もいらっしゃり、とても良いフィードバックを頂くことが出来ました。

1人でも多くの方に、ロジャーを実際に体感していただける機会が増えると嬉しいなと思っており、機器展示・イベント等ますます積極的に参加・開催して参りたいと思います。

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ