» 人工内耳のブログ記事

ロジャー 受信機 ”Roger X” は、補聴器にも人工内耳にも使用できるユニバーサルタイプ受信機ですが、人工内耳と一緒に使用する際には一緒に使用する人工内耳プロセッサ専用の設定が必要になる場合があります。

新規でご購入いただく際は、フォナックの工場にて設定をしてから出荷するので、本記事の情報は不要ですが、補聴器で使用していたロジャー Xを人工内耳と使用する場合や、プロセッサの種類が変わった時などは設定変更が必要になる場合がありますのでご注意ください。

各プロセッサごとの設定は以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

設定はロジャー マイクロホン 「ロジャー タッチスクリ―ンマイク」 または  「ロジャー インスパイロ」 で行います。

【ロジャー タッチスクリ―ンマイクで設定する手順】

1.Roger X が接続された人工内耳をロジャー タッチスクリ―ンマイク の10 cm以内に近づけます。

2.ロジャー タッチスクリ―ンマイク の [各種設定] の画面で [ロジャー受信機設定] をタップします。

3.人工内耳用設定をタップします。

4.お使いのプロセッサ専用の情報を選択します。

 

【ロジャー インスパイロで設定する手順】

1.Roger X が接続された人工内耳をロジャー インスパイロ の10 cm以内に近づけます。

2.ロジャー インスパイロ の左ソフトキー 「Check」 を押し、受信機に登録されている情報を ロジャー インスパイロ に読み込みます。

読み込みが完了すると、ロジャー インスパイロ の画面に読み込まれた情報が表示され、右ソフトキーが 「追加」 から 「管理」 に変わります。

3.右ソフトキー 「管理」 を押すとメニュー画面が表示されます。

4.「CIモジュール」 を選択すると 「自動モード」 と 「設定 1」 ~ 「設定 9」 が表示されますのでお使いのプロセッサ専用の設定を選択します。

 

 

 

日々難聴のお子さんの療育・教育に関られている先生方を対象としたセミナーが4月24日(月)に大阪にて開催されるというご案内を頂きましたのでお知らせいたします。

本セミナーは 東京医科大学病院聴覚・人工内耳センター様の ご協力の元、企画開催されるもので、演者として米国ロチェスター工科大学、NTID教授のマーク・マーシャーク先生が講演されます。

マーシャーク先生は難聴児の言語や学習、発達を専門とする心理学者で、近年では『オックスフォード・ハンドブック・オブ・デフスタティーズ、ろう者の研究・言語・教育』の編著に携わるほか、多数の著書がおありになる先生です。

マーシャーク先生の著作

さらに人工内耳装用児を含む聴覚障害児の言語(手話、口話、読み)と認知(視覚-空間、社会的、記憶)の関係を調べるプロジェクトにも関わられています。講演では、聴覚障害児の言語・認知、実行機能について講演して頂きます。

また、4月22日のACIC年次フォーラムⅩ、並びに23日の東京医科大学聴覚人工内耳センター難聴児教育セミナー2017にてマーク・マシャーク先生の講演が開催されるとのことです。

4月24日のセミナーについての詳しい情報は別紙プログラムをご参照ください。

英語での講演につきましては、日本語の逐次通訳、また要約筆記も用意されているとのこと。

大阪でのセミナー参加については別途の申し込みが必要とのことですのでご興味のおありになられる先生におかれましては下記の日本光電様問い合わせ先にお申込頂けますと幸いでございます。お申込書はこちらからどうぞ。

本セミナーについての詳しいお取合せも日本光電様に直接ご確認お願いいたします。

お問い合わせ先

日本光電工業株式会社

商品事業本部人工内耳課鈴木様

TEL 0120-834-712/ FAX 0120-161-524

E-mail: nkdirect@db.nkc.co.jp

ロジャー Xは補聴器にも人工内耳にも使用できるユニバーサルタイプ受信機ですが、人工内耳と一緒に使用する際には一緒に使用する人工内耳プロセッサ専用の設定が必要になります。

新規でご購入いただく際は、フォナックの工場にて設定をしてから出荷するので、本記事の情報は不要ですが、補聴器で使用していたロジャー Xを人工内耳と使用する場合や、プロセッサの種類が変わった時などは設定変更が必要になる場合がありますので、その際にはPDF版の資料をダウンロードして設定をし直してください。

ws000000 ws000001

 

資料のPDF版はこちら

ブログ用ロジャービューティショット

10月22日(土)岩手県盛岡市にて、

こどもの「聞こえ」をテーマにした

人工内耳メーカー アドバンスト・バイオニクスと

フォナック・ジャパンのジョイントワークショップを開催いたします。

(主催:日本光電工業株式会社)

ワークショップの内容は下記のとおりです。

 


 

こどもの「聞く」を育てるサポートのために

 


 

1・難聴児が抱える教室内での聞こえの課題とソリューション

                  フォナック・ジャパン

2・学童期の人工内耳装用児の指向性の利点について

                 米国Vanderbilt大学のRebe Gifford博士

3・人工内耳のマッピングについて公開セッションジョイントワークショッププログラム画像


 

今回、ご登壇いただきますGifford博士は、人工内耳における聴取成績、両耳装用における効果、音源定位能力、EASおよび残存聴力推移、人工内耳と補聴器とのバイモーダル装用について、など幅広い分野で研究をされてきました。

なお当日は、フォナックの新製品「スカイV」「ナイーダV」のほか、「ロジャー」の展示、試聴スペースをご用意しております。

 

 

 

 

 

:  :  :  :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  :  :  :

日 時:2016年10月22日(土)9:30~12:40

会 場:マリオス 盛岡地域交流センター18F

(住所、地図は下記開催概要PDFをご覧ください)

参加費:無料

ご対象者:ST(言語聴覚士の先生方)、人工内耳のマッピングに携わる方

お問い合わせ:日本光電人工内耳カスタマーサポート 0120-834-712

:  :  :  :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  :  :  :

※お申し込みはファックスにてお受けいたします。

下記よりお申込書を出力の上、詳細情報をご記入いただきお送りください。

■お申込み締切:2016年9月30日

 

■開催概要はこちら

■プログラムはこちら

■お申し込み書はこちら

メドエル社より人工内耳システムとロジャー受信機の接続方法に関する資料を頂きましたのでご紹介します。

WS000023

ロジャー受信機を接続するためのカバーやケーブルが基本キットに付属されているので、ロジャー送受信機をすぐに使用できるのがいいですね。

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ