» 人工内耳のブログ記事

あけましておめでとうございます。

2018年フォナックは本日1月5日(金)より始業いたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、新年最初のブログとして、ロジャーと情報保障機器のコラボレーション方法についてご紹介させて頂きたいと思います。

4月から新しい進学や就学などで新しい環境に移られる方にとっては新年のこれから、更に具体的な準備にはいられることと思います。

 

ロジャーについては、様々な情報保障機器との互換性があり、過去のブログでも音響機器との併用についてご紹介しています。

その後、送信機であるマイクの種類も増え、情報保障機器との連携パターンも増えてきましたので、新しい環境へ移られる際に情報保障を依頼される際などのご参考までに、7つご紹介させていただきます。

 

【1:難聴の生徒も難聴のない生徒も聞きやすく、先生や他の生徒の声も視覚でも保障可能なパターン】

総務省 平成29年障害のある児童生徒を対象としたプログラミング教育実施モデル実証事業で採用されたシステム構成図

→取り入れていただいた実証事業についてのブログでのご紹介はこちら

【2:先生の声を手元の端末で聴覚&視覚保障するパターン】

【3:先生の声も生徒の声も手元の端末で聴覚&視覚保障するパターン】

【4:難聴の生徒も難聴のない生徒も同じPAシステムから聴覚保障する(ロジャーマイクがメイン)パターン】

【5:難聴の生徒も難聴のない生徒も同じPAシステムから聴覚保障する(PA用のマイクがメイン)パターン】

【6:難聴の生徒も難聴のない生徒も同じロジャーシステムから聴覚保障する(ロジャーマイクがメイン)パターン】

【7:ループシステムとロジャーの両方から聴覚保障するパターン】

以上、ロジャーと情報保障機器との7つのコラボレーションパターンのご紹介でした。

こちらのパターンは良くお問い合わせを頂戴する組み合わせですので、お役に立てると嬉しいです。

 

2018年の今年も聞こえの困難を感じる1人でも多くの方やその周りの人たちが、聞こえのバリアを感じないですごせる日常をお手伝い出来るよう、精進して参ります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

少し前のご報告になってしまいますが、10月28日(金)から札幌学院大学で開催された、第13回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウムに、29日(土)の機器展示にて参加させていただきました。

本会のテーマは「障害者差別解消法から1年を経て考える」として、各大学の学生支援の現状を情報共有する場とされ、約400名の参加者の方がいらっしゃいました。

フォナックでは、昨年の法律施行に併せ、聴覚障害をお持ちの学生さん・社員さんがいらっしゃる各教育機関様や企業様からのお問い合わせが増え、ロジャーのデジタル サウンド フィールドをはじめとし、ロジャー タッチスクリーン マイク、ロジャー パスアラウンド マイクを導入・活用いただく機会が増えました。(ANA様の導入事例ご紹介はこちらから)

しかしながら、いまだ、「合理的配慮」についての認知は広がっていない部分が多いと感じられる場面も多く、当日も弊社の過去のロジャーにまつわるブログをピックアップして印刷した冊子をご確認いただいたり、実際のロジャーの聞えを体験されて、驚かれる学生さんが多くいらっしゃいました。

フォナックが応援する、『聴覚障害を持つ人も持たない人も聞こえのバリアを感じない社会』において、これからますます情報の発信・共有が大事になっていきます。正確な情報が早くしっかりと浸透するような発信を心掛けていきたいなと改めて考えさせていただきました。

 

 

97日に人工内耳プロセッサ用のデザイン一体型ロジャー受信機2機種が販売開始になりました!

・ロジャー 17

アドバンスト・バイオニクス社 ナイーダCI サウンドプロセッサ専用

 

 

 

 

 

 

 

ロジャー17のリーフレット(PDF)はこちら

 

・ロジャー 21

メドエル社 SONNET/SONNET EAS オーディオプロセッサ専用

 

 

 

 

 

 

ロジャー21のリーフレット(PDF)はこちら

 

お問い合わせはフォナック製品取扱販売店またはフォナック・カスタマーサービスにご連絡ください。

 

フォナックのグループ会社である、株式会社日本バイオニクスと弊社の後援する市民公開講座についてお知らせさせていただきます。

<市民公開講座:聴覚を取り戻すための相談会>

2017年9月30日(土)13:30~15:30

会場:日本光電工業株式会社 落合高山ビル5階

主催:慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科

共催:日本光電工業株式会社

後援:株式会社日本バイオニクス

フォナック・ジャパン株式会社

一般社団法人 人工内耳友の会ACITA東京支部

特定非営利活動法人 東京都中途失聴・難聴者協会

参加費無料

会場では、難聴と認知症について慶應義塾大学医学部の教授小川先生、新しい人工内耳の適応と高齢難聴者のための人生設計について神崎先生が、高齢者の人工内耳について言語聴覚士の浅野先生と前川先生がご講演くださいます。

参加ご希望の方やご質問がございます際は、日本光電株式会社人工内耳課までお問い合わせくださいませ。

 

今年の1月に開催して、たくさんの方に来場いただきました「補聴援助システムについて学ぶ会」を、今月7月29日に再度、北里大学病院の小児難聴外来の先生方と一緒に、開催します。

会場は前回と同様、相模大野駅直結の、ユニコムプラザさがみはらです。
入場費は無料です。(会場には授乳室もあり、開催の会場でお子様向けのスペースもご用意しますのでぜひご家族様でご来場ください。)

お子さんには実際に補聴援助システムがどのように聞こえているのか?を実際に保護者の方々に試聴体験して頂ける機会です。
ご参加お申込みお待ちしております。

<補聴援助システムについて学ぶ会>
日時:7月29日(土)11:00~12:30
会場:ユニコムプラザさがみはら3F
(相模原市南区相模大野3-3-2)

【開催概要】
☆補聴援助システムとは
☆教室内での聞こえの課題と解決方法
☆デジタル補聴援助システム「ロジャー」の試聴体験
☆お子様向け塗り絵コーナー

【お申込について】
以下の宛先までメールをお送りください。
宛先(フォナック・ジャパン株式会社 マーケティング部宛)
lifeison.jp@phonak.com または、MK.jp@phonak.com
① 件名に「北里大学病院セミナー」とご記入ください。
② 本文に以下の項目をご記入ください。
1. お名前
2. 電話番号
3.メールアドレス
4. 出席を希望される総人数(お子様の数)

お申込みお待ちしております。

(添付チラシのお申込み期限は21日(金)ですが、まだお席に余裕がございますのでお気軽にお申込みくださいませ。)

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ