» 補聴器のブログ記事

先週の週末に2つのイベントがありましたのでご報告いたします。

[1つ目]7月29日(土)

北里大学病院耳鼻咽喉科頭部頭頚外科主催 第2回補聴援助システムについて学ぶ会の開催

2017年1月に実施した際に、参加いただいた保護者の方から、実際に補聴援助システムを使った場合にご自身のお子様にどうやって音が聞こえているのかの体験がとても良かったという評価を頂戴し、第二回目の開催となりました。

当日は、集団補聴援助システムとは何か、学校の教室内での課題と解決策、最新の補聴援助システムの試聴体験 という流れで参加者の方に体験していただく時間を長めにとることでたくさんの実生活・実際の現場での問題等を絡めたご質問を頂戴することが出来ました。

またお父様お母様が参加されている中、一緒に来場いただいたお子様には別途のスペースで楽しく遊んですごして頂くことができました。


 

 

 

 

ご参加いただきました皆様、ご協力いただきました皆様に心より御礼を申し上げます。

 

[2つ目]7月30日(日)

田中美郷教育研究所主催 第9回聴覚障碍児早期療育支援のための人材養成研修会特別講演での参加

都立産業技術大学院大学の会場にて、全国の特別支援学校並びに関係諸機関の職員の方々向けに田中美郷先生の研究所主催で開催されていらっしゃる研修会の2日目に、特別講演として参加させて頂きました。

当日はスイス本社から、教育&トレーニング担当オーディオロジストである、グローバルオージオロジー部のマイケル バロシェックを講師としてAPD(Auditory Processing disorder=聴覚情報処理障碍)等について「ロジャー」の受信機の1つ、「ロジャー フォーカス」というAPD等のお子様に有効な受信機のエビデンスの紹介と試聴を実施しました。

当日は試聴していただいた皆様から聞こえ方に驚きの声を頂くと共に、マイケルが発表した海外のエビデンスと同種の日本国内のエビデンスを期待頂きました。

ご協力いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

また新たに情報が公開できる段階になりましたら、ブログ・HPでお知らせして参りたいと思います。

 

以上2件のイベント参加報告でした。

これからも実際に試聴体験や現場でお困りのことを直接お話し頂けるような機会を増やしていければと思っております。全国の特別支援学校並びに関係諸機関の職員の方々で、同様の勉強会や試聴体験をご希望の場合は下記連絡先までお問い合わせください。

フォナック セミナー事務局宛:Lifeison.jp@phonak.com

セミナーを5日東京・7日大阪・8日福岡で開催させていただいた新製品が

本日12日より発売開始となりますので改めてご紹介いたします。

※本来弊社HPへの掲載をしたいのですが、現在フォーマットをスイス本社で改訂中につき、当面本ブログにて最新情報をご紹介いたします。

2017年の最初の新製品となりました フォナック ボレロ Bと、フォナック バート Bの開発背景と製品概要をお知らせいたします。

[フォナック ボレロ B]

76845632

開発の背景にあったのは、“補聴器はわずらわしいもの”というお客様の声でした。

2016年12月に発売したフォナックのRIC型オーデオ のビロングシリーズにてフォナック史上初めての“充電式補聴器”が製品に加わりました。

発売後、たくさんのお客様から充電式で、「煩わしさが軽減した!」とのお声をいただきました。

具体的には

・電池交換がなくて良い。(ご家族に頼んでいたので負担が減ったなど)

・補聴器を乾燥機に入れる必要がなく乾燥も保管も忘れない。(フォナックのオーデオB-Rは充電・乾燥・保管が一度で完了出来ます。)

・使用済み電池の処分に困らなくて良くなった。

などの声を頂戴しておりました。

今回の フォナック ボレロ Bには、通常の空気電池タイプと、フォナックで初めての耳かけBTE型の充電式補聴器を追加し、4つのラインナップでより多くの聴力幅に対応することが出来ました。より多くの方に “毎日がシンプルになる贅沢を”体感していただけたら嬉しく思ます。

またユーザーさまの声の中に充電が切れた時に不安との声も頂戴しておりましたが、フォナックの充電式補聴器には充電器が充実しています。

ご旅行などにお持ちいただける7日間分の充電が可能なパワーパック、机等での充電も可能なミニチャージャーと、お客様の生活に併せたスタイルでお選びいただけます。

 

<主な特徴と機能>

新世代Belong(ビロング)のBTEタイプ(ボレロ Vの後継器種)

– 進化したオートセンス OS採用(サウンドリカバー2、小さな音の聞き取り改善、左右バランスの良い利得設定)

– 4クラスのプライスレンジ

– フォナック初のBTEタイプでの充電式タイプ拡充(ボレロ B-PR)

– 導入するタイプはM、P、SP、PR (PRは90、70、50クラスのみ)

– 新デザインのハウジング採用 (マイクの音口、プログラムスイッチの形状)

全モデルIP68取得

– Binaural VoiceStream Technology TM (50クラス以上)

– アクセサリー機器(コムパイロットⅡ等ワイヤレスアクセサリー)との互換性あり

– ロジャー/FMシステム使用可能(充電式B-PRを除く)

– ロジャー使用時でも指向性マイクロホン作用(50クラス以上)

<価格等情報>

<カラー>

カラーは下記の9種類になります。

ベージュ<01>

サンドベージュ<P1>

サンダルウッド<P3>

チェストナット<P4>

 

 

 

 

 

シャンパン<P5>

シルバーグレー<P6>

 

 

 

 

 

 

 

グラファイトグレー<P7>

アルパインホワイト<T7>

ベルベットブラック<P8>

 

 

 

 

 

 

 

 

[フォナック ボレロ B-チタン]

開発の背景にあったのは、“初めて補聴器をお使いになる

お客様の 62%が”目立たない補聴器がほしい”というご意見でした。

そこでフォナックはより目立ちにくい補聴器を追い求め、薄くて、強い、チタン素材を耳あな型補聴器に採用することに成功しました。

チタン素材を使った特殊素材の補聴器のため、製造はフォナックのベトナム工場だけで集中生産しています。

ベトナム工場紹介動画

チタン素材を採用して、薄く・軽く・強い耳あな型が実現できました。

更に中のモジュールも従来の60%小型化に成功し、より快適に耳あな型補聴器をご利用頂けるように工夫を凝らしました。

主な特長と機能は下記の通りです。

– 新世代Belong(ビロング)のIIC/CIC 耳あな型タイプ
– シェルは生体適合性の高いチタン合金製
– 小型化された新しいハイブリッドチップ
マイクロホンと電池ホルダーが一体化したモジュールタイプ
– 進化したオートセンス OS、サウンドリカバー2、エクスパンションにより音質向上
– 2クラスのプライスレンジ(90 / 70)
ITEでフォナック初の防水防塵IP68取得
<価格等情報>

多くの方により快適な補聴器との生活を送っていただけるお手伝いが出来ておりますように、新製品に願いを込めて本日より発売開始いたします!

6月11日(日)香川県綾歌総合会館アイレックスで開催された、香川県難聴児(者)親の会の総会に参加させていただきました。当日の様子はこちら香川県難聴児(者)親の会様のブログにご紹介されています。

会長様ごあいさつの様子

当日は議員の方からのメッセージや、会の決算報告などと共に、弊社を含め参加させていただいた複数メーカーのプレゼンと、補聴器・人工内耳グループでのディスカッションが行われました。

弊社営業が小児難聴向け補聴器 スカイや補聴援助システムロジャーの機能をご紹介

ディスカッションでは我々メーカーもグループに入らせていただき、防水・汗への対策について直接ご要望をいただいたり、ユーザー様が今お困りになられていることを直にお伺いしたり、素晴らしい機会を頂戴しました。

とても貴重な時間をいただけましたこと、この場を借りて改めて香川県難聴児(者)親の会の皆様と当日参加された皆様に御礼申し上げます。

補聴援助システムを実際に体験いただける機会を増やしていけたらと思っておりますので、ご希望がおありになられます際は、お気軽にフォナック・ジャパン株式会社マーケティング部(lifeison.jp@phonak.com)、またはエリアの営業担当までご相談頂けましたら幸いでございます。

皆様ご存じの通り、本日6月6日は補聴器の日です。

色々なイベントなどを目にする機会がおありになるかと思います。

フォナックからは、世界中の聞こえに関する情報をブログで紹介している

“Hearing Like Me”というページを公開しています。

Home

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは世界中の聞こえに関わる専門家が記事を投稿していたり、実際のユーザーの方の生活に関わるお話が載っていたり、とても興味深いページになっています。

 

表示は英語なのですが、英語で読むのは大変だな~と思われる方向けに英語のページをページごと翻訳できる方法がありますので併せてご紹介します。

こちらのページにもやり方が記載されています。

http://wind-mill.co.jp/iwashiblog/2015/07/google-translate-website/

方法としましては、『Google翻訳』のページを開いて→英語のBoxに日本語で見たいURLを入力(コピーペースト)→翻訳したい言語を日本語にして「翻訳」をクリック→日本語側に表記されたURLをクリック→見たいページが日本語で読めるようになります。

Google翻訳という自動翻訳機能を使っているので、文法など細かいところは??となる部分もありますが、日々翻訳のAI機能も進化していますので、もしよかったらお試しください。

 

本日発売の冊子 『耳が喜ぶ補聴器選び No.2 2017-2018』にフォナックの会社情報や製品情報を掲載頂いております。

この雑誌では「前向き志向型 ヒヤリング・サポート情報誌」として、補聴器情報を中心に難聴予防や耳を守る(ケア)情報など、「きこえ」にまつわる情報が、特に、初めての補聴器使用を検討している方にむけて、わかりやすく紹介されています。

http://www.stereosound.co.jp/news/article/2017/05/15/56551.html

 

全国の書店やamazonなどでも購入可能とのこと。

ご自身は補聴器のことをご存じで必要なかたでも、周りに装用を検討なさっていらっしゃる方がおいででしたら参考いただいてはいかがでしょうか。

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ