» 補聴器のブログ記事

6月11日(日)香川県綾歌総合会館アイレックスで開催された、香川県難聴児(者)親の会の総会に参加させていただきました。当日の様子はこちら香川県難聴児(者)親の会様のブログにご紹介されています。

会長様ごあいさつの様子

当日は議員の方からのメッセージや、会の決算報告などと共に、弊社を含め参加させていただいた複数メーカーのプレゼンと、補聴器・人工内耳グループでのディスカッションが行われました。

弊社営業が小児難聴向け補聴器 スカイや補聴援助システムロジャーの機能をご紹介

ディスカッションでは我々メーカーもグループに入らせていただき、防水・汗への対策について直接ご要望をいただいたり、ユーザー様が今お困りになられていることを直にお伺いしたり、素晴らしい機会を頂戴しました。

とても貴重な時間をいただけましたこと、この場を借りて改めて香川県難聴児(者)親の会の皆様と当日参加された皆様に御礼申し上げます。

補聴援助システムを実際に体験いただける機会を増やしていけたらと思っておりますので、ご希望がおありになられます際は、お気軽にフォナック・ジャパン株式会社マーケティング部(lifeison.jp@phonak.com)、またはエリアの営業担当までご相談頂けましたら幸いでございます。

皆様ご存じの通り、本日6月6日は補聴器の日です。

色々なイベントなどを目にする機会がおありになるかと思います。

フォナックからは、世界中の聞こえに関する情報をブログで紹介している

“Hearing Like Me”というページを公開しています。

Home

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは世界中の聞こえに関わる専門家が記事を投稿していたり、実際のユーザーの方の生活に関わるお話が載っていたり、とても興味深いページになっています。

 

表示は英語なのですが、英語で読むのは大変だな~と思われる方向けに英語のページをページごと翻訳できる方法がありますので併せてご紹介します。

こちらのページにもやり方が記載されています。

http://wind-mill.co.jp/iwashiblog/2015/07/google-translate-website/

方法としましては、『Google翻訳』のページを開いて→英語のBoxに日本語で見たいURLを入力(コピーペースト)→翻訳したい言語を日本語にして「翻訳」をクリック→日本語側に表記されたURLをクリック→見たいページが日本語で読めるようになります。

Google翻訳という自動翻訳機能を使っているので、文法など細かいところは??となる部分もありますが、日々翻訳のAI機能も進化していますので、もしよかったらお試しください。

 

本日発売の冊子 『耳が喜ぶ補聴器選び No.2 2017-2018』にフォナックの会社情報や製品情報を掲載頂いております。

この雑誌では「前向き志向型 ヒヤリング・サポート情報誌」として、補聴器情報を中心に難聴予防や耳を守る(ケア)情報など、「きこえ」にまつわる情報が、特に、初めての補聴器使用を検討している方にむけて、わかりやすく紹介されています。

http://www.stereosound.co.jp/news/article/2017/05/15/56551.html

 

全国の書店やamazonなどでも購入可能とのこと。

ご自身は補聴器のことをご存じで必要なかたでも、周りに装用を検討なさっていらっしゃる方がおいででしたら参考いただいてはいかがでしょうか。

補聴器塾2017開催日程決定 お申込み受付開始されました。

毎年ご好評いただいております、フォナックの補聴器塾。

2017年度前期のスケジュール公開とお申し込みの受付が開始されました。

 

スケジュール及びお申込みは下記のリンクからご確認くださいませ!


フォナックの補聴器塾についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。

お問い合わせ:juku.jp@phonak.com(担当:聴覚教育部

※補聴器塾の参加対象者は補聴器販売従事者の方と補聴器および聴覚に関わる医療従事者の方とさせていただいております。何卒ご了承ください。

昨年12月にフォナック ワークショップにご参加くださった皆様にご協力いただいた、

フォナックの新しいプラットフォーム ビロングを搭載した補聴器の音質と他社の補聴器の音質とのブラインド比較試聴アンケートの結果が発表されました。

比較対象の補聴器は、各社とも最上位(プレミアム)クラスのRICにクローズ耳せんで、全て35dB HLフラットの聴力レベルに合わせたフィッティングで設定し、KEMARを使用して採音したものです。

日本を含め、オーストラリア・ドイツ・イギリスの聴覚ケアの専門家の方々に、3つの場面(音楽・賑やかなレストランでの会話・アクション映画のストリーミング)で4社の製品を会社名を伏せた形で聞き比べをしていただいた結果が、下記の通りに出ました!

総計して78%のプロフェッショナルの方々に、フォナック・ビロングの音質が主観的に一番良いと評価頂く有難い結果になりました。

総計のデータ資料はこちらからご確認いただけます。(英語)

フォナックでは、難聴者の方により良い音の環境をご提供できるよう日々研究開発を続けております。客観的なデータがでましたら都度ご報告させて頂きたいと思います。

今回のアンケート結果の詳細についてはこちらのブログ(英語)をご参照ください。

 

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ