» フォナック補聴器のブログ記事

9月17日(日)~19日(月)に、千葉県成田市にある国際医療福祉大学成田キャンパスで開催されたアジア環太平洋言語聴覚学会に参加させていただきました。

同学会は2年おきの国際学会で、アジア環太平洋の言語聴覚士やオージオロジストを中心に開催されます。2015年は中国で、今回は日本で、2019年には上海で開催される様々な国の方が参加される学会です。

私たちフォナックは、学会の3日目にセミナーを開かせていただき、横浜国立大学教育学部 特別支援教育講座 教授 中川辰男先生と、国際医療福祉大学 保健医療学部言語聴覚学科 准教授 小渕千絵先生に講演頂きました。

檀上、中川先生から”Factors to Consider When Using Wireless Amplification Systems in School Environments”と冠して学校の環境で、無線を使用した補聴援助のシステムを使う際に考慮する要素について、機器を利用した際のメリットと、心を配るべき点を中心にご説明がありました。

小渕先生からは“Assessment and Management for People with Listening Problems”と冠して聞き取りに問題を抱えている方に対して診療の際の検査のご紹介を含め、研究と臨床の成果のご説明がありました。

先生方のご説明のなかでご説明いただいた、フォナックのロジャー フォーカスを中心に、会期中、ご希望いただいた方には試聴スペースを設けロジャーの音を体験していただいたり、各会場にロジャーデジマスターを置いて情報保障のお手伝いをさせて頂くことで、日本だけではなく、中国や韓国などアジアの各国のかたからもご感想を頂く貴重な機会となりました。

 

 

 

ご講演いただいた中川先生、小渕先生、大会長の城間先生を始めたくさんの先生にアドバイスを頂戴しながら貴重な機会を頂けたことに改めて感謝をいたしますと共に、多くの患者さんを直接診ていらっしゃる先生方に、ロジャーの仕組み・機能・可能性を時間と体験をもって知って頂けたことに感謝いたします。

今後も、ユーザーの皆様にはもちろん、ユーザーの方々を支えていただく皆様に、より良い選択肢や可能性を探るお手伝いが出来る様このような機会を増やしていきたいと思います。

フォナックのグループ会社である、株式会社日本バイオニクスと弊社の後援する市民公開講座についてお知らせさせていただきます。

<市民公開講座:聴覚を取り戻すための相談会>

2017年9月30日(土)13:30~15:30

会場:日本光電工業株式会社 落合高山ビル5階

主催:慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科

共催:日本光電工業株式会社

後援:株式会社日本バイオニクス

フォナック・ジャパン株式会社

一般社団法人 人工内耳友の会ACITA東京支部

特定非営利活動法人 東京都中途失聴・難聴者協会

参加費無料

会場では、難聴と認知症について慶應義塾大学医学部の教授小川先生、新しい人工内耳の適応と高齢難聴者のための人生設計について神崎先生が、高齢者の人工内耳について言語聴覚士の浅野先生と前川先生がご講演くださいます。

参加ご希望の方やご質問がございます際は、日本光電株式会社人工内耳課までお問い合わせくださいませ。

 

先日フォナック 補聴器塾の後期日程をご紹介させていただきました。

 

お申込の際や、補聴器塾について頂戴するご質問の中に、

どんな形で開催されているのかご質問いただくことがございますのでご紹介いたします。

 

東京での開催は弊社五反田オフィス、それ以外の場合は会議室などを借りて実施しています。

五反田本社での基礎コース ”フィッティング” の講座風景です。

満席のお申込を頂戴し、弊社の講師の講義を皆様真剣に受講いただいています。

 

各講座内容にもよりますが、1講座につき最大でも10名様までの応募とさせていただき、

ご参加いただくお1人お1人により深く、より新しい情報をお持ち帰りいただきたいと考えています。

 

補聴器塾 後期日程のご案内受付開始したばかりですのでまだお席に余裕がございます。

間近になるとお席が埋まりやすくなってまいりますので、お申込みいただける際は

お申し込みページ または、こちらのブログ,からご連絡ください。

それ以外のお問い合わせ:juku.jp@phonak.com(担当:聴覚教育部

※補聴器塾の参加対象者は補聴器販売従事者の方と補聴器および聴覚に関わる医療従事者の方とさせていただいております。何卒ご了承ください。

 

補聴器塾2017年後期開催日程決定 7月20日(木)よりお申込み受付開始いたします。

 

前期もご好評いただきました、フォナックの補聴器塾、2017年後期の日程が確定いたしました。

お申し込みの受付は7月20日(木)より下記ページよりご確認いただけます。

http://www.phonak.jp/sys/entry/course/

お急ぎの方は、こちらのPDFの2枚目に必要項目を入力いただきまして、

弊社担当営業またはFAXにてご送信いただけましたら幸いです。

フォナックの補聴器塾についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。

お問い合わせ:juku.jp@phonak.com(担当:聴覚教育部

※補聴器塾の参加対象者は補聴器販売従事者の方と補聴器および聴覚に関わる医療従事者の方とさせていただいております。何卒ご了承ください。

 

7月の5日(水)、7日(金)、8日(土)の3日間に、新製品 フォナック ビロングシリーズの耳かけ補聴器 フォナック ボレロB・B-PRと、世界初チタン合金をシェル材に採用した耳あな補聴器 フォナック バート B-チタンのセミナー(製品情報はこちらから)を、東京・大阪・福岡の3都市で開催しました。

ご来場いただいた皆様におかれましてはお忙しい中に貴重なお時間をいただきましたこと、改めまして御礼申し上げます。


セミナーでは、ユーザーの方のニーズに沿って、「わずらわしくない補聴器」の追求からうまれた、耳かけ式BTE型の充電式補聴器 ボレロB-PRを中心にフォナックの安全性の高い充電変換方式のご紹介を始め、業界初、耳あな式補聴器のシェル素材にチタン合金を採用した バート B-チタンの開発背景とその仕組みをご紹介しました。

休憩時間にはビロングシリーズの補聴器の聞こえを過去の弊社製品と聞き比べたり、実際に重石をチタンシェルの上に落として「割れない」体験をしたりしていただきました。

 

 

 

 

 

 

販売店様からユーザー様への製品ご紹介の際の話題にしていただけたら嬉しく思います。

7月12日(水)より発売を開始しております、フォナック ビロングシリーズの新製品詳細につきましては、弊社営業担当、または弊社カスタマーサービス(法人のお客様:0120-04-4079、個人のお客様:0120-06-4079)までお問い合わせください。

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ