» Roger(ロジャー)のブログ記事

総務省の、「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業をご存知でしょうか。

総務省HP:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/kyouiku_joho-ka/jakunensou.html

 

2020年から実施予定の小学校でのプログラミング教育開始をうけ、不足が予測されるIT技術者の育成、プログラムの実証をおこなっている事業です。

こちらに今回採択された、株式会社ミスターフュージョン様と、香川県難聴児(者)親の会様が難聴児に対して行われるプログラミングの授業に、ロジャーのマイクと受信機をご活用いただくことになりました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000025155.html

今回の実証において、難聴児の習得難易度をさげるために下記の3点を行われるとのことです。

1)UDトーク、こえとらというアプリを利用し、会話・指導内容を文字、可視化。

2)学校現場で使用されている補聴支援機器(ロジャー)の利用で補聴器や人工内耳への情報保障。

3)プログラミングをビジュアルプログラミングにする。

このような場で、ロジャーをご活用いただけることに感謝申し上げますと共に、情報の補償という観点がより一般的になるよう、お手伝いが出来ることを有難く思います。

このような取り組みが全国に広がるとうれしいですね。

8月に全日本空輸株式会社(ANA)様(以下ANA)にロジャー タッチスクリーンマイクを2点とロジャー マイリンク2点を導入して頂き、今回導入を先導された採用担当のお二人からお話しを伺う機会を頂きました。

今年4月入社の新入社員に聴覚障がいをお持ちの方がおられ、研修でトレーナーの方の声が聴き取りづらいことがあり、それをきっかけに導入に至られたそうです。

また今年の新卒向け合同会社説明会において参加者の学生から補聴援助システムを付けて欲しいという問い合わせがあったこともあり、今後会社説明会等での活用も検討されているということでした。

さらに今回はロジャー以外にも他社メーカー様の、インターホンの音を光と振動で知らせる屋内振動装置も導入されるということで、

障がいを持つ社員の方に対して何とか良い職場環境をつくりたいというANAならびに採用担当の方々の真摯な思いを感じました。

今回の導入には昨年施行された障害者差別解消法による『合理的配慮』という概念も後押しとなったということです。

最近フォナックにもこの合理的配慮に基づくサポートとして各企業様からお問い合わせを頂くことが多くなりました。ロジャーの導入を「平等と公平」の上での、障がいを持たれる方への「合理的配慮」の機会にしていただき、ご本人と周囲の方の双方に納得してお使い頂けるよう、これからも微力ながら きこえのバリアをなくすお手伝いをしてまいります。

 

ロジャー タッチスクリーンマイク

 

ロジャー マイリンク

9月17日(日)~19日(月)に、千葉県成田市にある国際医療福祉大学成田キャンパスで開催されたアジア環太平洋言語聴覚学会に参加させていただきました。

同学会は2年おきの国際学会で、アジア環太平洋の言語聴覚士やオージオロジストを中心に開催されます。2015年は中国で、今回は日本で、2019年には上海で開催される様々な国の方が参加される学会です。

私たちフォナックは、学会の3日目にセミナーを開かせていただき、横浜国立大学教育学部 特別支援教育講座 教授 中川辰男先生と、国際医療福祉大学 保健医療学部言語聴覚学科 准教授 小渕千絵先生に講演頂きました。

檀上、中川先生から”Factors to Consider When Using Wireless Amplification Systems in School Environments”と冠して学校の環境で、無線を使用した補聴援助のシステムを使う際に考慮する要素について、機器を利用した際のメリットと、心を配るべき点を中心にご説明がありました。

小渕先生からは“Assessment and Management for People with Listening Problems”と冠して聞き取りに問題を抱えている方に対して診療の際の検査のご紹介を含め、研究と臨床の成果のご説明がありました。

先生方のご説明のなかでご説明いただいた、フォナックのロジャー フォーカスを中心に、会期中、ご希望いただいた方には試聴スペースを設けロジャーの音を体験していただいたり、各会場にロジャーデジマスターを置いて情報保障のお手伝いをさせて頂くことで、日本だけではなく、中国や韓国などアジアの各国のかたからもご感想を頂く貴重な機会となりました。

 

 

 

ご講演いただいた中川先生、小渕先生、大会長の城間先生を始めたくさんの先生にアドバイスを頂戴しながら貴重な機会を頂けたことに改めて感謝をいたしますと共に、多くの患者さんを直接診ていらっしゃる先生方に、ロジャーの仕組み・機能・可能性を時間と体験をもって知って頂けたことに感謝いたします。

今後も、ユーザーの皆様にはもちろん、ユーザーの方々を支えていただく皆様に、より良い選択肢や可能性を探るお手伝いが出来る様このような機会を増やしていきたいと思います。

97日に人工内耳プロセッサ用のデザイン一体型ロジャー受信機2機種が販売開始になりました!

・ロジャー 17

アドバンスト・バイオニクス社 ナイーダCI サウンドプロセッサ専用

 

 

 

 

 

 

 

ロジャー17のリーフレット(PDF)はこちら

 

・ロジャー 21

メドエル社 SONNET/SONNET EAS オーディオプロセッサ専用

 

 

 

 

 

 

ロジャー21のリーフレット(PDF)はこちら

 

お問い合わせはフォナック製品取扱販売店またはフォナック・カスタマーサービスにご連絡ください。

 

9月1日が「言語聴覚の日」、その前後1週間が「言語聴覚週間」ということをご存知でしょうか。

日本言語聴覚士協会が制定したこの日に合わせ、毎年恒例で行われ、今年10回を迎えられる、「おかやま言語まつり」に今年も参加させていただきました。


 

 

 

 

 

 

当日は岡山県の6つの言語聴覚障害に関わる団体の方々が参加されており、中でも川崎医療福祉大学の言語聴覚士の養成過程で学ばれている学生の方々に、ロジャーの聞こえやロジャーとUDトークの使い方などを多く体験していただきました。

実際にお使いいただき、音声の情報のみがくっきり聞こえる機能にみなさん驚いていただきました。

卒業なさって現場に出られるころには今よりもさらに障害者差別解消法が浸透し、聞こえに困られている一人でも多くの方に今回のご試聴体験を活用いただき、少しでもプラスに使っていただけたら嬉しいなと思う出会いの場となりました。

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ