» iPFGのブログ記事

フォナック ターゲット(Phonak Target)では、
iPFGからのフィッティングデータ転送 が可能です。
その手順を説明します。手順は、スタンドアローン版・NOAH版共通です。

1. 転送元データの書き出し
2. 転送先補聴器の接続
3. ターゲットにインポート
4. 補聴器に保存
———————————————————————-
1. 転送元データの書き出し

iPFGを起動し、転送元となる顧客のフィッティングデータを開きます。
メニューの【フィッティング】の中にある【ファイルへ設定を保存中…】を
クリックしてください。

転送ファイルを保存するフォルダを指定します。必要に応じてファイル名を
変更し、【保存】をクリックします。

2. 転送先補聴器の接続

iPFGを終了させて、Phonak Targetを起動します。
新規顧客を作成し新しいセッションを開始します。

オージオグラムを入力し、転送先となる補聴器を接続します。
この時、いったん新しいフィッティングを選択してください。
(この時点ではファーストフィットのまま)

3. ターゲットにインポート

メニューバーの【フィッティング】から【‘フィッティング設定’を転送】
→【転送ウィザードを開始…】をクリックします。
また耳せんのサイズなど、音響パラメータも必要に応じて変更してください。

【続ける】をクリックします。
【ファイルから読込み】を選択して、【閲覧…】をクリックします。

ファイルの種類を【iPFG‘設定の転送’データファイル(*.tfb)】に変更し、
1.で作成したファイルの保存先フォルダから読み込みます。

【続ける】をクリックしてください。
転送元の器種名などが表示されますので、確認し【続ける】をクリックしてください。
転送が開始されます。

設定の転送が完了し、転送結果が表示されます。【終了】をクリックします。

4. 補聴器に保存

【セッションを閉じる】をクリックして、データベースに保存してください。

なお、転送されるのは
利得調整とプログラム構成のみで
その他の項目は初期設定に戻ります。

便利な機能ですので、ぜひご活用ください。
※ 詳しい資料はこちら(PDF)をご覧ください。

フォナックの補聴器の特性を計るときに、○○抑制機能などを
オフにするときがあると思います。

iPFG では、一発で○○抑制機能をオフにすることができます。

エクセリア以外の CORE シリーズの補聴器であればいけます!

1.マニュアルファインチューニングの画面へ移動

2.「補聴器」→「設定された機能のオン/オフ」を選択

この一発操作で、今まで色々なところのチェックボックスを外し
ていた方は、何秒かずつ節約できると思います!

是非ご活用ください。

フォナックの「オージオグラムダイレクト」という機能の説明です。
これは、フォナックのフィッティングソフト「iPFG」上で行う
聴力測定の方法です。

フィッティングの際に行う聞き取りの測定方法ですが、

・ 補聴器装用者が 自分の耳に実際に使用する補聴器を通して
 測定を実施するので、大掛かりな機材も不要

・ 一人ひとりの外耳道内の残存容積の誤差を極力少なくすることが可能

です。
また、補聴器メーカー各社の中でもできるのはほんの数社の技術です。(自慢)

下記の図のように、通常の聴力測定はヘッドホンを使用して測定を行いますが
外耳道容積(耳の中の空間)個人差が大きくなってしまい、どうしても
ちょっぴり誤差が生じます。

フォナックの「オージオグラムダイレクト」なら実際に使用する補聴器を
使って測定するため、より精確な聴力を測ることができます。

 

正確な聴力データ → → → 正確なフィッティグ  となるのは納得です。

そしてさらに、その聴力データを元にフィッティングを行うため、より
スムーズな補聴器の調整が可能です。
微調整の頻度も減少、面倒な手間もないので、補聴器フィッティングの
上ではとっても便利な機能なのです!

ぜひぜひご活用ください。


先日からお伝えしているフォナック自慢の機能、
”サウンドリカバー”ですが
今回はそのシンプルな設定方法についてです。

サウンドリカバーの機能は、フィッティングの際、
小難しい設定をしなくては いけないのでは?と思ってらっしゃる方も
いらっしゃるかと想像しますが、基本的にはそれほど難しくありません。

iPFG2.6の画面を用いて、超シンプルバージョンの設定方法を以下に
ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

※ 画像をクリックすると大きな画像で確認できます。
1、

2、

3、

4、

あとは
微調整は、

細かい調整方法などのご質問は、フォナック テクニカルサポートチームまで
お気軽にお問い合わせ下さい。

iPFGとWindows7

| iPFG |

こんにちは。 今日はちょっとした豆内容です。

Windows7の発売から約1年。

パソコンのお買い替えをされる中で徐々にWindows XPから
移行される方も多くなってきたようですね。

お電話で「iPFGはWindows7に対応していますか?」と
お問い合わせを受けることもございましたが、これまでは
Windows7はサポート対象外でした。

でも、フォナックのフィッティングソフトウェア 「iPFG」も
バージョン2.6からとうとうWindows7に正式対応します!

必要システム要件は以下のとおりです。

Windows7は32bit版と64bit版があるようですが、iPFG2.6は
そのどちらでも動作します。

64bit版の方が最大使用可能メモリなどの点で有利と聞きますが、
周辺機器の対応状況をみると32bit版をご利用いただいたほうが
よさそうです。
iPFG2.6も32bit版を推奨しています。

ますます使いやすくなったiPFGをよろしくお願いします!

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ