» CROS補聴器のブログ記事

2017年も残すところあと11日となりました。

今年も沢山の話題がありましたが、フォナックのスイス本社で監修しているHearing like meのブログ(ブログサイトの紹介記事はこちら から)でソーシャルメディアで反響の大きかった、聴覚関係のニュースをまとめた記事があがっていましたので、ご紹介いたします。

1位~5位まで

第1位 ティーンの女優 一側性難聴を告白

Millie Bobby Brownというティーンの女優さんはNetflixで配信されているドラマで一躍有名になった方だそうです。


彼女が自身の一側性難聴について公にしたことに話題が集まったそうで、記事内では他にも難聴を告白し、難聴への理解を広めたいと活躍されている著名人についての話題が上がっています。元記事はこちらから

 

 

第2位 装用が楽しい補聴器・イヤモールド

日本でも補聴器やイヤモールドでカラフルな工夫を楽しまれている方々の話題を目にすることがありますが、この記事でも補聴器で彩りも実際に楽しまれている方の紹介と、フォナックのインスタグラムの画像を紹介しています。元記事はこちらから

フォナックのインスタグラムはこちらから

 

第3位  難聴を治す薬?

アメリカのBrigham and Women’s Hospital (BWH), MIT, and Massachusettsの共同研究で、感音性難聴の起因となる内耳の有毛細胞損失に対して、再生を促すことを目指した治療薬のマウスでの実験が成功したというニュースが3位にあがっています。

日本でも、有毛細胞への再生アプローチについて様々な研究が進んでいますが、この研究も感音性の難聴、特に後天的に発生した加齢や投薬投与、事故等の刺激による有毛細胞の損失現象に対して有効だと考えられ、1年半以内に人体での治験を始める見込み という楽しみなニュースで多くの方にシェアされています。

元記事はこちら

4位 GAPのコマーシャルに補聴器をつけた赤ちゃんが登場

衣料品ブランドのGAPで、製品コマーシャルに初めて補聴器をつけた赤ちゃんが採用されました。多くのメーカーやブランドが多様性を前面に打ち出した広告やプロモーションを始めています。障害のある なしに関わらず、社会全体が一人一人に出来る事を受け入れ認め合うことを願っている人が多くいることを嬉しく思い、私たちも聴覚に関わる仕事をするものとして、積極的な発信を続けたいと思うニュースでした。

 

 

 

 

 

 

 

元記事はこちらから

5位 Chris Prattの謝罪と依頼

日本でもガーディアンズ・ギャラクシーという映画で一躍有名俳優の仲間入りをしたChris Prattが、自身のインスタグラムで自身のSNS発信に配慮が足りなかったことを謝罪し、SNSのシステムに使いやすさを求めた というニュースです。

字幕機能がないことでそれを楽しめない人が多くいるという事に自分は関心がなかった という事を謝罪した動画を彼のような有名俳優が発信したことで、動画をより多くの人に楽しんでもらえるために字幕を簡単につけられるなどの追加機能が多くのSNSに追加されたら嬉しいなと思う記事でした。

元記事はこちらから

 

5位以下も興味深いニュースが沢山ありますので、よかったら是非ご覧ください。

全て英語の記事ですが、以前ご紹介しました翻訳方法である程度お読みいただけると思いますので、そちらも是非お試しください!

翻訳方法については本記事最初にリンクを貼っているご紹介の記事からどうぞ

 

<5位以降のニュースタイトルのみ紹介します↓>

6位 アーティスト 補聴器を装用したディズニープリンセスの絵を公開

https://www.hearinglikeme.com/artist-drawing-hearing-aids-on-art-to-break-down-stigmas/

7位 エレンの部屋※1に10歳の補聴器装用者登場

https://www.hearinglikeme.com/ellen-talks-with-boy-raising-money-for-hearing-aids/

※1 日本でいう徹子の部屋のようなアメリカの超有名番組

8位 三つ編みが補聴器を輝かせる

https://www.hearinglikeme.com/sweethearts-hair-design-braids-for-hearing-aids/

9位 アメリカ の人気番組で聾の歌手が話題

https://www.hearinglikeme.com/deaf-singer-americas-got-talent/

10位 ジュエリーで補聴器の啓蒙

https://www.hearinglikeme.com/louder-jewelry-deaf-jewelry-line/

 

全て読み直すと、改めて難聴や補聴器に関しての社会の理解や認知の状況は少しづつ良い方に向かっているような期待に満ちた明るい気持ちになります。

ソノヴァ・ジャパンでも、日本国内で同じような発信が出来るように工夫して行きたいと思っております。

皆さんがご存知のことで多くの方に知ってもらいたいことなどありましたら是非共有ください!

アメリカのフィラデルフィアで2017年10月22日~24日の日程で、フォナックのスイス本社が主体となって開催する国際小児難聴一側性難聴児学会(The International Unilateral Hearing Loss in Children Conference)が開催されました。


 

 

 

 

学会には世界の16個の国から400名近い研究者の方がお集まりになり、一側性難聴児のおかれている状況や、彼・彼女たちに生じる課題について等について論文の発表やパネルディスカッションが行われました。

ともすれば、看過されてしまいがちな症状で、世界でもまだ活発な議論や研究が必要であるというまとめで会が閉会されました。

今後資料等もスイス本社のHPにUPされる予定です。

色々なSocial Mediaで#PhonakUHLと検索すると、参加いただいた方々がUPしてくれている画像や紹介がご覧いただけますのでご参考にしていただけたら嬉しいです。


自由に、シンプルに。

暮らしを楽しむパートナー

フォナック オーデオBが誕生しました!!

packshot_audeo_b-r_pair_p5

 

先週ワークショップで紹介させていただいた、フォナックの新しいプラットフォーム「Belong(ビロング)」を搭載した新しい補聴器、フォナック オーデオBがいよいよ来週12月20日(火)より発売開始となります。

 

オーデオBは補聴器を使われるユーザーの方の「使いやすさ」を最優先に考え、補聴器の装用が圧倒的にシンプルになる機能・技術を搭載しました。

 

<新製品 オーデオ Bについて>

空気亜鉛電池を使用する312・312T・13の3種類と、充電式タイプの計4種類のラインナップです。

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9-half-open_small

充電ケースに入った充電式タイプ

プロダクトインフォメーションはこちらから。

■3つの特徴

1.【どんな場所でも、自動的に最適な音設定をしてくれる「オートセンスOS」機能が進化】

0.4秒ごとにユーザーの周囲の音を分析し、200以上の環境設定からより良い音を提供してくれる、環境ブレンド・認識機能の「オートセンスOS」が、ユーザーの皆様の聞こえの環境をシンプルに、より快適にします。

 

2.【オートセンスとの相乗効果で聞き取りをより改善する「サウンドリカバー2」「エクスパンション機能」の進化

「さ」行などの子音や高い声をよりクリアに聞き取れるサウンドリカバーが進化した、サウンドリカバー2の搭載と、ささやき声などの小さな音に対する増幅方法を強化したエクスパンションの進化で、聞き取りにくかった種類の音がよりよく聞こえやすくなります。

 

3.【マイクの位置を進化させたデザインとより安心な防水防塵機能IP68

髪の毛などの気になりやすい音がより入りにくい位置にマイクをデザインすることでノイズを低減し、強固で頑丈なハウジングの採用でIP68の防水防塵機能をしっかり獲得。安心感も進化しました。

ブログ上で順次、オーデオBに搭載の技術・機能を紹介してまいります。

 

<新製品 クロスBについて>

オーデオBと一緒に使って、一側性難聴の方の聞こえをサポートするクロス送信機も新しくなりました。

プロダクトインフォメーションはこちらから

 

その他製品に関するご質問は、弊社カスタマーサービスまでご連絡ください。

お問い合わせ先お電話番号

<法人のお客様>0120-04-4079

<個人のお客様>0120-06-4079

先日もご紹介したフォナック クロス IIですが、
これはベンチャーシリーズ補聴器と互換性のあるクロス送信機です。
(スパイス/クエストシリーズの補聴器で使用する場合はフォナック クロスをご利用ください1

 

フォナック クロス IIからは、クロス側の入力音レベルを調節できる「CROSボリューム」
という機能が加わりました。
今までのフォナック クロスは、Phonak Targetの“マイクロホン減衰”から
予め調整を行っておかなければなりませんでしたが、フォナック クロス IIでは
装用者自身がクロス側からの入力音のバランス調節を行うことが出来ます。

 

ただし、ここからが重要です。

 

ベンチャーシリーズ補聴器とフォナック クロス IIには、プログラムスイッチしかないもの、
ボリュームコントロールも一緒に付いているものなど、いくつかの形状(タイプ)が存在します。
プログラムスイッチやボリュームコントロールは、Phonak Targetの機器オプションにて
設定変更が可能ですが、形状の組み合わせよってCROSボリュームの使用および、
その他使用可能な機能が異なります。

 

プログラムスイッチとボリュームコントロールをPhonak Targetの機器オプションで
設定する場合に表示される文言を表でまとめました。

 

▼機器オプションで表示される文言

1

★PDFデータはこちらからダウンロード可能です

 

*1 通信機能を持つ補聴器とのみ使用可能

フォナック クロス IIのデスクトップフィッティングガイドが完成しました。

▼ダウンロードはこちら

3フォナック クロス IIには
CROSモード・BiCROSモード1
設定がありません。

入力したオージオグラムに基づき、
この設定が自動的に行われます。

そのため、一方が健聴耳でも
必ずオージオグラムを入力が必要です

 

フォナック クロスは自動的には
設定されないのでマニュアルで選択します。

 

 

フォナック クロスを調整する場合:

1

 

 

 

 

 

 

フォナック クロス IIを調整する場合:

2

 

 

 

 

 

 

HPにもアップロードしていますので、こちらからも是非アクセス下さい!

http://www.phonak.jp/btob/tech_doc.html

 

*1:CROSモード…一方が健聴耳の場合に使用するモード
   BiCROSモード…補聴器側にも難聴がある場合に使用するモード

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ