» 補聴器助成のブログ記事

日本耳鼻咽喉科学会のホームページに、全国軽度・中等度難聴児補聴器助成
事業実態調査結果が掲載されています。

平成25331日時点で、身体障害者手帳を持っていない難聴児への補聴器
助成事業のアンケート調査結果によると、補聴器を購入する際の費用の助成を
都道府県が県単位で実施が18、市区町村単位で実施が16とのことです。
また、県の事業として行っていると回答した地域で、5つの都道府県で
FMシステム購入時の助成も行っているとのことです。
 
FMシステムは、軽度・中等度の児童の方がその効果が高いので、是非、
助成対象となる自治体が増えてほしいです。
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会のホームページはこちら

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ