» 補聴器助成のブログ記事

2017年の1月、7月にご好評いただきました「補聴援助システムについて学ぶ会」を、本年も開催させていただくことになりました。

2017年1月開催の様子はこちら、7月開催の様子はこちらからご覧ください。

2月4日(日)に、北里大学病院の小児難聴外来の先生方と一緒に、開催します。

会場は前回と同様、相模大野駅直結の、ユニコムプラザさがみはらです。
入場費は無料です。(会場には授乳室もあり、開催の会場でお子様向けのスペースもご用意しますのでぜひご家族様でご来場ください。)

お子さんには実際に補聴援助システムがどのように聞こえているのか?を実際に保護者の方々に試聴体験して頂ける機会です。

過去2回ご参加いただいた保護者の皆様からは、実際にお子様の耳にどんな音が届いているのかが体験できてよかったという声を良く頂戴します。
ご参加お申込みお待ちしております。

<補聴援助システムについて学ぶ会>
日時:24日(日)10:3012:00
会場:ユニコムプラザさがみはら3F
(相模原市南区相模大野3-3-2)

ご案内とお申込書はこちらからどうぞ↓

0204相模大野イベント20171128

日本耳鼻咽喉科学会のホームページに、全国軽度・中等度難聴児補聴器助成
事業実態調査結果が掲載されています。

平成25331日時点で、身体障害者手帳を持っていない難聴児への補聴器
助成事業のアンケート調査結果によると、補聴器を購入する際の費用の助成を
都道府県が県単位で実施が18、市区町村単位で実施が16とのことです。
また、県の事業として行っていると回答した地域で、5つの都道府県で
FMシステム購入時の助成も行っているとのことです。
 
FMシステムは、軽度・中等度の児童の方がその効果が高いので、是非、
助成対象となる自治体が増えてほしいです。
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会のホームページはこちら

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ