» CRT(RIC)補聴器のブログ記事

自由に、シンプルに。

暮らしを楽しむパートナー

フォナック オーデオBが誕生しました!!

packshot_audeo_b-r_pair_p5

 

先週ワークショップで紹介させていただいた、フォナックの新しいプラットフォーム「Belong(ビロング)」を搭載した新しい補聴器、フォナック オーデオBがいよいよ来週12月20日(火)より発売開始となります。

 

オーデオBは補聴器を使われるユーザーの方の「使いやすさ」を最優先に考え、補聴器の装用が圧倒的にシンプルになる機能・技術を搭載しました。

 

<新製品 オーデオ Bについて>

空気亜鉛電池を使用する312・312T・13の3種類と、充電式タイプの計4種類のラインナップです。

 

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9-half-open_small

充電ケースに入った充電式タイプ

プロダクトインフォメーションはこちらから。

■3つの特徴

1.【どんな場所でも、自動的に最適な音設定をしてくれる「オートセンスOS」機能が進化】

0.4秒ごとにユーザーの周囲の音を分析し、200以上の環境設定からより良い音を提供してくれる、環境ブレンド・認識機能の「オートセンスOS」が、ユーザーの皆様の聞こえの環境をシンプルに、より快適にします。

 

2.【オートセンスとの相乗効果で聞き取りをより改善する「サウンドリカバー2」「エクスパンション機能」の進化

「さ」行などの子音や高い声をよりクリアに聞き取れるサウンドリカバーが進化した、サウンドリカバー2の搭載と、ささやき声などの小さな音に対する増幅方法を強化したエクスパンションの進化で、聞き取りにくかった種類の音がよりよく聞こえやすくなります。

 

3.【マイクの位置を進化させたデザインとより安心な防水防塵機能IP68

髪の毛などの気になりやすい音がより入りにくい位置にマイクをデザインすることでノイズを低減し、強固で頑丈なハウジングの採用でIP68の防水防塵機能をしっかり獲得。安心感も進化しました。

ブログ上で順次、オーデオBに搭載の技術・機能を紹介してまいります。

 

<新製品 クロスBについて>

オーデオBと一緒に使って、一側性難聴の方の聞こえをサポートするクロス送信機も新しくなりました。

プロダクトインフォメーションはこちらから

 

その他製品に関するご質問は、弊社カスタマーサービスまでご連絡ください。

お問い合わせ先お電話番号

<法人のお客様>0120-04-4079

<個人のお客様>0120-06-4079

非常に小型で着け心地が良いということでご好評をいただいております
RICタイプマイクロタイプ
耳かけ型補聴器ですが、
レシーバやスリムチューブの長さが4種類ある
ことをご存知ですか?
(長さは、03まであります)

 
 
 
 
 
この長さが適切でないと、しっかり耳(耳介)に収まらず、折角の良い着け心地が
台無しになってしまいます。
長さを測定するのは、非常に簡単なのですが、見るポイントがずれてしまうと
長すぎたりしてしまいますので、簡単に見るポイントをご紹介しますね。
 
 
 
レシーバ、スリムチューブの長さの測定方法

1、専用の測定用ツール
(メジャーメントツール)を

 
左の図のようにしっかり耳に当てます
 
2、外耳道の入り口の上部 が、
 測定用ツールの何番に位置している
 のかを確認する。
 
この写真の例では、0番がお奨めです。
 (長いレシーバやスリムチューブの場合
 ですと、耳(耳介)から外れてしまって、
 補聴器を落下、紛失してしまう恐れが
 あります)
さらにポイント!



RICタイプ耳かけ型で、オーダーメイドの耳せん
SPシェル、左図参照)をご使用になる場合には、
「やや短いかな~」という程度のところの番号を
読み取っていただいた方が、耳に合いやすいですよ!  
 

今回は小さくて目立ちにくいオーデオ Q のカラーランキングを発表したいと思います。

★★★第1位  サンドベージュ

★★第2位  シルバーグレー

第3位  グラファイトグレー

といったオシャレなベージュ色が人気で、よく出ております。

ランキングとは違う話ですが、両耳とも同じ色を選ぶ人もいらっしゃれば、
左右別々の色を選ぶ方もいらっしゃいます。

テーブルに置いたときや乾燥ケースを開けたときに、すぐにコレが右、コレが左と
判断しやすいように、色を楽しんで選んでいるお客様を見かけました。

ちなみに、見かけたお客様の中で、このような組み合わせでした。

左:Q1 ペトロール / 右:P9 ルビー

左:P8 ベルベットブラック / 右:P2 アンバーベージュ

すぐにどちらの耳の補聴器かを判断したいときは、ぜひ自分の好きな分かりやすい色で
カスタマイズしてみてください。

人気カラーランキングとちょっとした補聴器の豆知識でした!

フォナックのRICタイプの装用者が200万人を超えました。

近年のRIC(レシーバ-イン-カナル)の成長は
著しく、市場全体の成長率の約3倍、 全市場のおよそ25%を占めるようになりました。

フォナックが世界中の聴覚ケアの専門家に調査をしたところ、一般的に軽中等度難聴のユーザーはどちらかというとオープンフィッティングを好み、見た目を特に重要視する傾向があることが分かりました。

QuestプラットフォームのRICは、バイノーラル ボイスストリーム テクノロジー採用により、より上質な音をお届けします。

 RICの音、この機会に試してみませんか?

JHIMA(一般社団法人日本補聴器工業会)が発表する国内の補聴器出荷台数の
推移において、RIC2009年までBTE(耳かけ型)に含まれる形で集計されていま
したが2010年からRICタイプとして集計されるようになりました。

以来、その構成比率は年々増しつつあり、現在では総出荷の15%程度がRICとなっ
ています。

JHIMA補聴器出荷台数推移)
海外においてもRICはその台数を伸ばしつつあり、この傾向はまだまだ続いていくようです。
耳かけ型と耳穴型のいいとこ取りのRIC。機能性能はもちろん、防水、形状、パワー
などフォナックではお客様一人一人のニーズに合わせられるようラインナップ。
RICをご検討の際は是非、フォナックを思い出して下さい。

フォナックのRICタイプ補聴器の詳しいラインナップはこちらからご覧下さい。

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ