» Phonak Targetのブログ記事

10月は展示会や学会などのイベントがとても多い月です。

今年も毎年恒例のEUHA(ヨーロッパ補聴器連合)の展示会が南ドイツのニュルンベルグで18日(水)から開催されています。(EUHAについての紹介ブログはこちらからどうぞ。)

日本でも、本日19日(木)から第62回の聴覚医学会が開催されています。

EUHAも、聴覚医学会も、医師や専門家の講演・論文発表があり、たくさんの人が集まる会です。

 

EUHAでは一般の方も入れる会場内に、今年もフォナックのスイス本社のチームと、ドイツのチームが一緒にブースを作りあげ、新しい製品の機能紹介や、症例の紹介セミナーなどが行われている様子が、ヨーロッパの同僚たちから届きました。

聴覚医学会では先生方の論文発表の休憩時間などに、医療機器や製薬会社、そして補聴器会社の展示を参加者の方々が見て回られます。

こういったイベントでは各企業ともに新製品や開発している機能の紹介などをしますが、今年の傾向としては充電タイプの補聴器が各社から出揃ってきている様子が見られました。

日本では、2016年の12月にフォナックが初のRICタイプの充電式補聴器を発表させていただいたのを皮切りに、現在までにほとんどのメーカーから様々な電池を使用した充電タイプの補聴器が紹介されています。

フォナックでは充電タイプの開発は、長くユーザー様から切望いただいて発売に至った経緯があります。

以前もご紹介させていただいた、フォナックのオーディオロジストや、ユーザーの方などに寄稿頂いてる英語のサイト“hearing like me”には、Ask Annaというコーナーがあります。

フォナックのオーディオロジストであるAnnaとユーザーの方からの質問のやり取りなどを紹介しているコラムですが、電池交換が苦手なユーザーさんへのコメントを記載した回がありましたのでご紹介します。

下記でAnnaに連絡をくださった、サラさんのお母様のように、お手元の作業がお辛いと感じられるユーザーの方の困難を解決出来る補聴器が各社から増えていることをとても嬉しく思います。

一人でも多くの方がより困難を感じずに日々の暮らしを送ることができるよう、フォナックはこれからも、聞こえのバリアを感じることのない世界を実現するために日々努力していきます。


 

 

 

 

↓↓↓

アンナさん

私の母は関節炎を患っていて、補聴器の電池交換をする時に、いつも悪戦苦闘しています。

家族や友達が一緒にいるときは助けてあげられるのですが、母が自分自身で解決できるような方法が何かあればと思っています。何かアドバイスをいただけませんか? サラより

→サラさん

お母様が補聴器の電池交換に手間取ってしまうと聞いて、とても申し訳なく思っています。電池交換に手間取ってしまうと、とてもイライラしたり、不安な気持ちを引き起こす原因になってしましますよね。誰でも、自分の健康維持のために人の力を借りているとは思いたくないですから。

今までは、補聴器の電池交換をすることや、常に常備しておく必要があるということは、世界中で広く浸透している当たり前のことでしたが、今は幸いにもバッテリー技術の発展に伴い、電池交換の必要としない補聴器があるのです。

電池交換が必要のない、充電式補聴器の内部には、携帯電話で使われているバッテリー技術に似た電池が内蔵されており、充電器で一晩充電するだけで、翌日には電池の心配をすることなく、一日中使うことができます。

このような充電式補聴器は、あなたのお母様のように今まで電池交換にお困りだった方々の悩みを解決してくれるでしょう。そして、あなたのお母様のように困っている方々の問題解決のための選択肢の一つとなると思っています。

フォナックでもPhonak Audéo B-Rと呼ばれる新しい充電器を発表しました。詳細については聴覚医または聴覚専門家に直接お問い合わせください。

(Hearing like meを通じて提供されている情報は、健康上の問題や疾病の診断や治療に使用しないでください。健康上の問題を抱えている場合、速やかに専門医とお話しください。Hearing Like Meを読んだことにより、専門的な医学的アドバイスを無視したり、病院での受診を先送りにするようなことはしないでください。もしご自身の健康に不安がある場合、直ちに医師または緊急医療機関に相談してください。

原文(英文)はこちら↓

Dear Anna: My mother has arthritis and has a hard time changing her hearing aid batteries herself. When she is with a family member or friend, they are able to help, but I would love to find a solution that allows her to be more independent. Do you have any advice? – Sara

Hi Sara,

I am sorry to hear that your mother is having a hard time changing her hearing aid batteries. Being unable to easily do this can be very frustrating, and it can also cause unnecessary anxiety. Nobody wants to feel that they are reliant on family and friends to take care of their own health.

Changing hearing aid batteries and having to remember to always carry them with you is something that has become universally accepted in the world of hearing aids because until now there has been no viable alternative.

Fortunately, developments in battery technology mean that there are now hearing aids that do not require an end user to change a battery.

Rechargeable hearing aids have batteries inside that are similar to the battery technology used in mobile phones.

This means all that has to be done is to charge the hearing aids overnight in a charging device and you are ready to go for the whole day.

These rechargeable hearing aids free people from the hassles that come with disposable batteries. It could be an option to help people like your mother to regain their independence.

Phonak has just announced a new rechargeable hearing aid, called the Phonak Audéo B-R. Please reach out directly with your audiologist or hearing care professional to learn more.

The information provided through this website should not be used for diagnosing or treating a health problem or disease. It is not a substitute for professional care. If you have or suspect you may have a health problem, you should consult your health care provider. Never disregard professional medical advice or delay in seeking it because of something you have read on the Hearing Like Me website. If you think you may have a medical emergency, call your doctor or emergency medical services immediately.

4.11月にリリースしたTarget 4.0以来、
ついにTarget 4.1がリリースとなりました。
リリースに伴いインストールに関わる重要なお知らせです。

次にお伝えすることは非常に重要なことです!
「Windows XPで対応できる
バージョンは今回の4.1でラストです。」

「今回で最後だからWindows XPでも大丈夫!」
という訳ではありません。

 

また、トラブルが起きたと聞くのも、Windows XPによるものが多い印象を受けています。

Windows XPのMicrosoftによるサポートは2014 年 4 月 9 日に終了しており、
サポートが無い中での使用は、
何かしらの支障が出てくることも十分にあり得るということなのです。

今後のバージョンがWindows XPに対応しない点だけでなく、
インストール時の問題を回避するためにも、フォナックといたしましては、
まだWindows XPを使っているという方に買い替えを強く推奨いたします。

 

最初にお伝えした重要なことをもう一度!

 「Windows XPで対応できるバージョンは今回の4.1でラストです。」
フォナックのフィッティングソフトを快適にお使いいただくためにも、
以上お忘れなきよう、お願い申し上げます。

Phonak Targetには補聴器の電池を入れたあとに約4秒間

無音状態がありますが、

補聴器を耳に装用するのに時間がかかる場合など、この遅延動作を

長く(プラス6秒または12秒)することができます。

これは、機器オプション画面で設定できます。

 

 

 

 

通常、遅延なしの設定であっても、電池を入れたあと約4秒後に

スタートアップメロディ(♪チャララララーン)が鳴ります。

スタートアップ遅延を設定した場合、その後に設定した時間の無音状態が続き、

最後にプログラムビープ(♪ピポパポ等)が鳴ります。

よって、プラス6秒に設定しても、4+6の10秒間無音になるわけではないことを

どうぞご理解ください。

分かりにくいかも知れませんので、実際の補聴器の音を録音してみました。

ぜひ聞いてみてください。

遅延動作 +6秒の場合

遅延動作 +12秒の場合

 

今回はフォナック補聴器の周波数特性を測定する時の
フィッティングソフトでの設定をご紹介します。
とはいっても、周波数特性って何?と思われる方も
いらっしゃるかもしれませんので、簡単に周波数特性を先にご紹介します。
補聴器の周波数特性とは、補聴器に検査音を入力させ、
その検査音が補聴器を通って出力された時に
どのくらいの音の大きさ(音圧レベル)になっているのかを
各周波数で測定したものです。
周波数特性を測定する目的は、大きく分けて2つあります。
1つは補聴器自身の性能が適正であるかを確認するため。
もう1つはフィッティングした補聴器が装用者にとって適正であるかを
確認するためです。
周波数特性を測定するといっても目的が異なりますので、
それぞれに対して補聴器側に行う設定も異なります。
フィッティングソフトTarget(以下の画面はTarget3.2のものです)での
それぞれの設定方法を以下にご紹介します。
【補聴器の性能を確認したい場合(FOG設定)】
①  Targetのメイン画面の〔製品ツール〕を開く
②  画面左にあるメニューの〔テスト設定〕を開き、 〔テスト設定を開始...〕をクリック
 ウィザードが始まりますので、あとはその画面に従って進む
 測定する際の設定を選択する画面では、
      “最大出力音圧/マイクロホン/ダンパー入りフック” 選択して、
      補聴器に設定を転送して測定する(いろいろありますのでご注意を!)
  測定後は、必ず元のフィッティングデータに復元してから
      使用するようにしてください!!


【フィッティングが適正であるか確認したい場合(ユーザー設定)】
 フィッティングセッションの【フィッティング】
      タブにある【微調整】画面を開く
 周波数特性が表示された下部にある
     【検査用設定】をクリック
 ウィザードが始まりますので、あとはその画面に従って進む
 測定はプログラミングケーブルを接続したまま行ってください
定期的に周波数特性を測定しただき、安心して補聴器をご使用ください!

 

 
 













2001年に登場したWindows XPも、リリースから実に12年以上経過しました。

マイクロソフトは201449(米国時間48)に全てのサポートを終了する
発表しています。
Windows XPを使用し続けることで、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)への
感染リスクが高まり、様々なトラブルや、情報漏えいなどを引き起こす
原因となります。
 
 Windows XPをご使用になっている場合は、
早急に新しいオペレーションシステムを搭載したパソコンへの移行をご検討ください。
 
インターネットに接続していないから、関係ない…
というわけではありません。
インターネットに接続していなくても、外部ストレージ(USBメモリなど)からの
マルウェア感染リスクは避けられません。
 
また、サードパーティ(マイクロソフト以外)のメーカーも、周辺機器などの
サポートを順次終了することが考えられます。
実際にHIMSAは、NOAH systemについて今後Windows XPをサポート
しないことを発表しています。

Phonak Target3.2は、Windows7での使用を
推奨していますWindows8も使用可能)。
 
参考:
·  独立行政法人情報処理推進機構ホームページ
http://www.ipa.go.jp/about/press/20140129.html
·  HIMSA follows Microsoft’s lead in ending support for Windows XP on April 8th 2014(英文)
·  Phonak Target必要システム要件フォナック
http://www.phonak.jp/btob/pdf/tech/fitting/Target/Target3.2install.pdf

(インストールガイドが閲覧できます)

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ