» UDトークのブログ記事

 

UDトーク&ロジャーを使ってNHKネットラジオを見て聞く方法を教わりましたのでご紹介いたします。

【必要となる機材】

  • ロジャー マイクロホン(送信機) x 1
  • ロジャー受信機 x 1
  • UDトーク(アプリ) x 1
  • NHKネットラジオ(アプリ) x 1
  • iRig 2 x 1
  • オーディオケーブル(3.5mm/3.5mmステレオピンジャック) x 2
  • 変換ジャック(3.5mmステレオ(メス)/ステレオ標準(オス)) x 2

 

 

 

【手順】

① ロジャー マイクロホンとiPhoneをiRig2および各種ケーブルで接続

② NHKラジオを起動

③ UDトークに切り替え、ニュースを文字化

④ ロジャー受信機経由で音を聞く

 

変換ジャック等の詳細情報は下記リンク先の資料(PDF版)を参照ください。

資料(PDF版)はこちら

12月10日(土)の20:45からEテレ「ろうを生きる難聴を生きる」と言う番組でUDトークが取り上げられます。

これは去年放送された番組の再放送で、好評につきアンコール放送とのことです。

音声認識がコミュニケーションつかえるの?って疑問を払拭した15分の番組、ぜひまたご覧になってください。

 

ws000006

「ろうを生きる難聴を生きる」

http://www.nhk.or.jp/heart-net/rounan/backnumber/next.html

 

番組ダイジェストはこちら

http://www.nhk.or.jp/heart-net/rounan/summary/detail.html?id=35033#contents

 

 

以前、ロジャー タッチスクリ―ンマイク/インスパイロ」を「UDトーク」の入力用マイクロホンとして使用する方法を紹介しました。

「ロジャー タッチスクリ―ンマイク/インスパイロ」を「UDトーク」の入力用マイクロホンとして使用する方法はこちら

「ロジャー タッチスクリ―ンマイク/インスパイロ」を「UDトーク」の入力用マイクロホンとして使用する方法(その2)はこちら

 

過去の記事では、ロジャー受信機やiRigを使用して接続する方法でしたが、今回はタッチスクリーンマイクのみを使用しての接続方法をご紹介します。

接続方法はこんな感じです。

%e5%86%99%e7%9c%9f_tsmipad%e7%9b%b4%e6%8e%a5%e6%8e%a5%e7%b6%9a

タッチスクリ―ンマイクに付属されている、オーディオ接続用のケーブル(両端3.5mmステレオピンジャック)と、同じく付属されているマイク端子/ヘッドホン端子分配用のケーブルを用いて、タッチスクリ―ンマイクをiPadに接続するだけです。

分配ケーブルはマイク端子(ピンク色)に接続することに気を付けてください。

 

タッチスクリ―ンマイクは集音した音を入出力端子から出力することができます。

端子にケーブルを接続した際に、オーディオ設定画面が表示されますが、その際に出力(タブレット)を

選択してください。(ちなみにパソコンに出力する際は出力(PC)を選択します。)

 

タッチスクリ―ンマイクは卓上に置くと、小グループモードに切り替わり、大きな声の方向に指向性を向けます。

騒がしい場所では小グループモードでは騒音も拾ってしまい認識率が上がらないのですが、ある程度静かな環境であればうまく認識してくれます。

 

騒がしい場所でや、認識率をしっかりあげたいときはやはり以前に紹介したロジャー受信機とiRigを使う方法がお薦めです。

騒音下での聞こえを改善するロジャーのマイクロホンを使うことで、騒がしい環境でのUDトークの認識率を上げることができますが、更に認識率を上げる方法をご紹介します。

騒がしい場所では意図せずマイクロホンが周りの音を拾って文字化してしまうことがあります。

ロジャーの新しいマイクロホン「ロジャー パスアラウンド マイク」にはボタンを押した時のみ音声を送信することができる”プッシュトゥートーク”という機能があります。

この機能を使うと話をしてない時にマイクロホンが余計な音を拾うことを防ぐことができるんです。

 

ws000003

下のイラストは理想的な機材セットアップ例です。

ws000002

紹介リーフレットを作成しましたので、聴覚情報保障設備カタログと合わせてご活用ください。
 
ws000000ws000004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーフレットのPDF版ダウンロードはこちら

聴覚情報保障設備カタログ送付ご希望の方はこちら

以前、「ロジャー タッチスクリ―ンマイク/インスパイロ」を「UDトーク」の入力用マイクロホンとして使用する方法をご紹介しました。

「「ロジャー タッチスクリ―ンマイク/インスパイロ」を「UDトーク」の入力用マイクロホンとして使用する方法」はこちら

ロジャー受信機(ロジャー マイリンク)とタブレット端末を接続するのに必要なアダプターとしてiRig PREをご紹介しましたが、その他変換アダプターやケーブルなどいろいろと揃えるものが多いので、もう少しシンプルな構成ですむiRig 2を使った接続方法をご紹介します。

接続のイメージはこんな感じです。

ws000007

 

 

 

 

 

 

必要になる機材は、iRig 2と変換プラグが2種類、ケーブルはロジャー マイクロホンに付属されているオーディオケーブルが使えます。

変換プラグは家電量販店で購入できますが、iRig 2はAmazonや楽天等、ネットで購入する方が早いかもしれません。

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ