» FMシステムのブログ記事

先月20171月より、ノルウェーで開始されたFMラジオ放送の停止のニュースをご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

FMからデジタルオーデオ放送(DAB)に完全に移行する旨を2015年4月16日に発表していて、実際には20171月から実施されているようです。

関連する記事はこちらから。

完全移行にあたっては諸々問題も懸念されることもあったようですが、デジタルのクリアな音声を届けられることや、より多くのチャンネルを提供できることのメリットによって諸外国もノルウェーに続いていくであろう、とみられている、とのことでした。

フォナックでも、初代ロジャーの登場から3年を経過し、デジタル電波を使った補聴援助システムのメリットをより強化していくためにFM受信機を販売終了させて頂いておりますので改めてご紹介させて頂きます。

修理対応については下記の通りに継続しておりますのでご安心いただければと思います。

FM受信機販売終了のご案内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでFMシステムをご愛用いただきましたことに深く感謝申し上げますと共に、デジタルワイヤレスの補聴援助システムロジャーによって、一人でも多くの方により快適な聞こえの環境がお届けできるよう邁進して参りたいと思っております。

本件に関しましてご不明な点ございます際は、個人のお客様窓口:0120-06-4079(法人のお客様窓口:0120-04-4079)(ともに月~金9:00~17:30にご対応させていただき、土日祝日はお休みいただいております。)までご連絡くださいませ。

 

IMG_1136 IMG_1143

フォナック・ジャパン本社のとある日の会議室。

マイクからは雑音や小説を朗読する声が同時に流れてきます。

これは、補聴器とFMシステム、ロジャーの聞こえの違いを録音しているところです。

IMG_1139

どのような仕組みで録音したら聞こえの違いが分かってもらえるか

試行錯誤をしながらたどり着きました。

勉強会やイベントなどでこの違いを聞いていただくことができます。

フォナックの製品の実力をぜひ、聞き比べてみてください。

 

 

 

 

 

補聴器をご使用されるシーンで、よくいただくご相談が、雑音がある場所での会話の聞き取りです。

最近のデジタル補聴器は、10年前では考えられなかったような技術が多く搭載されており、聞こえの改善に対して革新を続けています。例えば、指向性に関してですが、幅広い前方角度だった指向性マイクロフォンが1人に集中できる前方に非常に鋭い角度で働くようになりました。とはいえ、雑音のある場所での聞き取りにはまだ、課題が残っているのが現状です。

今、お使いの補聴器だけでは解決できない時。聞き取りの改善をしてくれる新しい機能、アイテムがあります。

雑音や話者との距離など、どのような状況下で聞こえを改善したいのかにより、ご選択いただきたい機能やアイテムが異なります。

フォナック補聴器にはステレオズームという、レストランなど、声が散在する騒がしい場所で正面の声にフォーカスし、相手のことばの聞き取りを高める機能があります。

聞き取りたい相手との距離がある場合。

周囲の雑音が少しある場合は、フォナック リモートマイクのご使用ください。さらにずつオンが大きくて距離もあるようでしたらロジャーのがお勧めです。

 

ブログ用画像 騒がしい場所での会話

ステレオズームはこちらを参照 : http://bit.ly/1IVLxJB

リモートマイクはこちらを参照 : http://bit.ly/1IVLsWn

ロジャーはこちらを参照 : http://bit.ly/1mbi3m9

 

本の紹介です。

第Ⅰ巻の D. 人工内耳・補聴器 Q13では 「FM補聴器は何のために使いますか?ロジャーはどこが違いますか?」という見出しで、ロジャーに関しても説明があります。

ここでは小見出しのみ紹介いたします。

解説

Ⅰ FM補聴器、すなわちFM補聴援助システムの必要性

Ⅱ FM補聴器の変遷と様々な機種

Ⅲ FMシステムをつかいこなすには

Ⅳ 他の補聴援助システムと新しい方式のロジャー

Ⅴ その価格と福祉対応

 

専門家向けなのですが、とても分かりやすい内容で勉強になります。

是非、言語聴覚士の先生方や聴覚関係の専門家の方たちに目を通して欲しい一冊です。

 

WS000000

今さら聞けない!

小児のみみ・はな・のど診療Q&A Ⅰ巻、Ⅱ巻

2015年4月20日 第1版第1刷発行

編者 加我 君孝

山中 昇

発行者 未定広光

発行所 株式会社 全日本病院出版会

以前、フォナック補聴器の歴史について資料を紹介させていただきました。

1

今回、Rogerを含める「デジタルワイヤレス補聴援助システムの歴史」
に関する
資料が完成しました!

マイクロホン編と受信機編の2つを用意いたしております。

また、フォナック補聴器と受信機との互換性表についても用意しましたので、
併せて是非、是非、ご活用ください!

■フォナック集団補聴援助システムの歴史  -マイクロホン編- はこちらから
■フォナック集団補聴援助システムの歴史 -受信機編- はこちらから
■受信機の互換性 はこちらから

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ