» 耳のことのブログ記事

何度か本ブログでも紹介させていただいていますので、ご存じの方も多いと思われますが

3月3日は「耳の日」です。

 

3月3日は、電話の発明者で、ろう教育者であったグラハム・ベルの誕生日でもあり、世界的にもWHO(世界保健機構)でInternational ear care day として、耳の病気や難聴の予防を啓発するキャンペーンが行われています。

日本では、「耳の日」は、難聴と言語障害をもつ人びとの悩みを少しでも解決したいという、社会福祉への願いから始められたもので、日本耳鼻咽喉科学会の提案により、昭和31年に制定されました。

フォナックでも、「聞こえのバリアを無くす」ことを理念に日々世界中で様々な活動を行っています。

最近では様々なインターネットのツールを使って補聴器のユーザーの方々の日常を直接ご紹介するInstagramが活発に活用されています。カラフルなイヤモールドやアクセサリーの使い方やかわいいお子さんの写真など、素敵な写真がたくさん紹介されています。

Instagramは、ユーザー登録なしでも画像を見ていただくことが可能なので皆様にも是非ご覧いただけると嬉しいです。こちらからどうぞ。

日々難聴のお子さんの療育・教育に関られている先生方を対象としたセミナーが4月24日(月)に大阪にて開催されるというご案内を頂きましたのでお知らせいたします。

本セミナーは 東京医科大学病院聴覚・人工内耳センター様の ご協力の元、企画開催されるもので、演者として米国ロチェスター工科大学、NTID教授のマーク・マーシャーク先生が講演されます。

マーシャーク先生は難聴児の言語や学習、発達を専門とする心理学者で、近年では『オックスフォード・ハンドブック・オブ・デフスタティーズ、ろう者の研究・言語・教育』の編著に携わるほか、多数の著書がおありになる先生です。

マーシャーク先生の著作

さらに人工内耳装用児を含む聴覚障害児の言語(手話、口話、読み)と認知(視覚-空間、社会的、記憶)の関係を調べるプロジェクトにも関わられています。講演では、聴覚障害児の言語・認知、実行機能について講演して頂きます。

また、4月22日のACIC年次フォーラムⅩ、並びに23日の東京医科大学聴覚人工内耳センター難聴児教育セミナー2017にてマーク・マシャーク先生の講演が開催されるとのことです。

4月24日のセミナーについての詳しい情報は別紙プログラムをご参照ください。

英語での講演につきましては、日本語の逐次通訳、また要約筆記も用意されているとのこと。

大阪でのセミナー参加については別途の申し込みが必要とのことですのでご興味のおありになられる先生におかれましては下記の日本光電様問い合わせ先にお申込頂けますと幸いでございます。お申込書はこちらからどうぞ。

本セミナーについての詳しいお取合せも日本光電様に直接ご確認お願いいたします。

お問い合わせ先

日本光電工業株式会社

商品事業本部人工内耳課鈴木様

TEL 0120-834-712/ FAX 0120-161-524

E-mail: nkdirect@db.nkc.co.jp

14004517569_435fa3cda3_z

14010317427_0ffaff20a5_z

聴覚の総合的なソリューションを提供するフォナックの母体であるsonovaのテクノロジーについて、

イギリスの高級紙フィナンシャル・タイムズに掲載された記事の日本語版が日経新聞に掲載されました。

補聴器の性能向上を追求したテクノロジーと、繊細な耳の機能を損なう音環境の改善と、ウェアラブル端末の未来についての内容です。

14188000291_67beb64b16_z

 

[FT]スイス補聴器最大手 都会の騒音で新機軸

記事はこちらから

 

 

56136276

WHOがこどもの難聴に関するレポートを発表しました。

世界の人口の5%にあたる3億6千万人が難聴者です。その中で3千2百万人近くがこどもの難聴者だと言われています。そして、その多くが低~中所得の国々に集中しています。

WHOは最新のレポートで、15歳以下の難聴者数のうち60%が難聴の予防ができるという数値を推定しました。難聴児の40%は先天性のものですが、残り60%は後天的な疾患や未熟な医療によるものだからです。はしか、おたふく風邪、風疹、髄膜炎といった疾患に対する予防接種で31%が、未熟児、低体重や新生児黄疸を含む出産時の合併症の治療、早期対応が17%、そして妊婦、新生児の耳毒性薬物使用回避で4%が、避けることができると言います。

このレポートでは難聴の早期発見も提唱しています。聾や難聴で生まれてきたこどもに対して適切な介入(医療、補聴器装用、言語療法)を生後6か月以内に開始すると、言語獲得の臨界期と言われる5歳という観点において、健聴児と変わらない結果となると伝えています。

56136236

また、新生児、未就学児、就学児に対する聴覚スクリーニングの実施拡大とともに、聞こえに関する専門家の育成をすることで、難聴を持つこどもたちの生活を著しく改善することができると報告しています。このような体制が、聴覚に関するケアを必要とするこどもたちがコミュニケーションの助けとなる介入(補聴器装用や言語療法)、教育、就業の機会を得ることにつながるとレポートには記されています。

さらに、広く社会が耳や耳へのケアに関する認識を高めることで、難聴の原因となる問題の解決につなげ、補聴器装用へのイメージを高めていくことにつながると、その解決方法のひとつとして難聴児の親の会の支援などが提唱されています。

レポートの詳細はこちら(英語版です)(画像をクリックしてください):

WHO子ども難聴画像

 

illust4818

私たちの身近な存在である犬、
その聴覚が優れていることはよく知られてことですね。

玄関の外であっても、隣人と家の人の足音を聞き分けることもできるほどで、
犬の聴覚は人間よりもはるかに発達しています。

数字で見ると、犬が可聴な周波数(単位:Hz、ヘルツ)は
だいたい40Hzから60,000Hz(文献によっては100,000Hz)といわれ、
それに比べ人間の可聴周波数がだいたい20から20,000Hz。
犬が最も聞こえやすい周波数は8,000Hz周辺で、
人間ではそれが2,000から4,000Hzの間だそうです。

犬と人間とでは低周波数の域にはあまり差はありませんが、
高周波数への感受性はダントツに犬の方が高く、
普段最も聞こえやすい音の高さも犬の方が高いということになります。
ちなみに猫の場合はさらに高周波の音を認識することができるそうです。

犬は音を大きくキャッチするために17種の筋肉を使って音のする方向に耳を動かすことで、
かなり正確に音の位置を確認しているようです。

動物全般に言えることですが、耳をピクピクさせて音を聞いているような
仕草をよく見ます。

優れた聴覚を持ち、いろいろなことが聞こえてしまう犬たち。
ストレスを感じることもあるのでは?と少し心配になりますね。

 

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ