7月20日の新発売より、おかげさまで好評いただいておりますスカイ Vには、チャイルドロック用の電池ホルダーを開ける冶具が付属品として出荷されております。

ある販売店様より、家庭用と学校用として2つ必要になるお子さまがいるので、製品出荷時に2個つけて欲しいとのご要望をいただき、そのご要望にお応えするために梱包内容の仕様を一部変更し、当該アイテムを2個、出荷することとなりました。

923日分の出荷分より、既にこの梱包仕様で出荷されておりますので、お客様にご家庭用と学校用で分けてお使いいただけるよう、お伝えいただけますと嬉しいです!

フォナックでは今後もお客様のお声・ご期待に沿えるよう邁進してまいります。皆様からの忌憚なきご意見・ご要望をお待ちしております!

↓こちらの部品(治具)を2つ同梱しています。pedoatricfook

ロジャー Xは補聴器にも人工内耳にも使用できるユニバーサルタイプ受信機ですが、人工内耳と一緒に使用する際には一緒に使用する人工内耳プロセッサ専用の設定が必要になります。

新規でご購入いただく際は、フォナックの工場にて設定をしてから出荷するので、本記事の情報は不要ですが、補聴器で使用していたロジャー Xを人工内耳と使用する場合や、プロセッサの種類が変わった時などは設定変更が必要になる場合がありますので、その際にはPDF版の資料をダウンロードして設定をし直してください。

ws000000 ws000001

 

資料のPDF版はこちら

ロジャー教育用マイクロホンの新旧マイクロホンの互換性と複数台利用時の操作方法に関して資料を作成しました。

以下の内容を写真付きで確認できます。

新マイクロホン: ロジャー タッチスクリ―ンマイク/パスアラウンドマイク

旧マイクロホン: ロジャー インスパイロ/ダイナマイク

  1. ロジャー マイクロホンの互換性と使用可能台数
  2. ロジャー マイクロホンの親機/子機関係と優先順位
  3. 新旧マイクロホンを同じネットワークで使用する際の事前設定
  4. 複数台のマイクロホンを使用する(新マイクロホン)
  5. 複数台のマイクロホンを使用する(新旧マイクロホン)
  6. 複数台のマイクロホンを使用する(ロジャーペン/クリップオンマイク)

ws000027

ws000000

資料のPDF版ダウンロードはこちら

補聴器の話とは少し異なりますが、敬老の日にちなんで、ちょっとしたご紹介です。

先日、弊社社員が横浜市港北にある、電気・電子機器や産業用機械、医療機器や、玩具・食品など幅広い分野の工業製品の安全試験・認証やISO 9001や14001などの監査・認証を行っていらっしゃる機関である

テュフラインランド ジャパン株式会社様にお邪魔した際、こんな壁を発見しました!

 

tuv

壁崩壊後に、ベルリン市民によって削りとられた表面の絵を

この絵の制作者であるフランス人芸術家、ティエリー・ノワール氏が来日して復元された、本物の壁の一部です。

テュフラインランド社で平和について考える契機になるようという願いを込めて設置された壁だそうです。

 

今日は敬老の日という事もあり、大切な人に感謝することが出来るという環境があることにも、

感謝したいなと改めて考える機会を頂きました。

テュフラインランドジャパン株式会社についてはこちらから

 

 

ロジャーの新しい子機専用マイクロホン「ロジャー パスアラウンド マイク」の基本的な使い方をまとめました。

先にアップした「ロジャー タッチスクリ―ン マイク」の基本的な使い方と一緒にご活用ください。

 

ws000027

ws000028

資料のPDF版ダウンロードはこちら

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ